日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」の見どころを語る木村文乃/(C)WOWOW

写真拡大

WOWOWプライムにて、11月13日(日)より木村文乃主演の日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」がスタートする。

【写真を見る】木村は1年前に解決した連続殺人事件のトラウマを抱えながらも、新たな事件に挑む刑事・塔子を演じる/(C)WOWOW

本ドラマは、麻見和史のクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズを映像化した第2弾で、木村は1年前に解決した連続殺人事件のトラウマを抱えながらも、新たな事件に挑む刑事・塔子を演じる。

放送開始に先駆け、木村が本作の見どころや役への思い入れなどを語ったメッセージ動画が解禁となった。

木村はまず、見どころについて「リアルさ、かな」とコメント。「登場する犯人も警察も人間なので、1人1人を取り巻く環境や感情があって、物事が動いていく。“人”としてのリアルさが、前作と比較してより色濃いと思います」と話す。

また、自身が演じる塔子については「周りを顧みずにむちゃをし過ぎる人」だと分析。「“こうだ!”と思ったら、もう動き出してしまう、“そうだ!”と思ったら、言葉に出してしまう人です」と語るが、塔子との共通点を問われると「認めたくないですけど、自分自身が嫌いなところを地で行ってる人が、塔子なんだと思います…」とはにかむ。

そんないつでも全力疾走の木村は、撮影現場は「毎日が山場」であったことも明かす。「最初から思わず手を握り締めてしまうような映像が続くので、手に汗握ることが当たり前のように見ていただけるんじゃないかと思います」と話し、前作を超える仕上がりに自信を見せた。

最後に、インタビュアーが「すごく見たくなりました」と伝えると、木村は「ほんとに!? 本当に思いましたか!?」と食い付き大爆笑。シリアスなドラマとは裏腹に、ちゃめっ気たっぷりな一面ものぞかせている。

なお、11月6日(日)夜6時からは、前作「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」が一挙放送される。