『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』だ! - 画像はYouTubeのスクリーンショット

写真拡大

 トム・クルーズが現地時間19日に米CBS局で放送された「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」に出演し、司会のジェームズ・コーデンと共に過去の出演作を一挙再演した。

 ブルーバックの前に立ったトムは、合成で映し出される背景に合わせて『トップガン』『デイズ・オブ・サンダー』『レインマン』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『宇宙戦争』『マイノリティ・リポート』、『ミッション:インポッシブル』シリーズ全5作、『7月4日に生まれて』『ロック・オブ・エイジズ』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『アイズ・ワイド・シャット』『ア・フュー・グッドメン』『カクテル』『ラスト サムライ』『バニラ・スカイ』『アウトロー』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『卒業白書』を再演。『ザ・エージェント』ではサプライズゲストも登場する。

 圧巻のラインナップというだけでなく、どの作品にもアイコニックなシーンがあるのがさすがトム・クルーズ! というべきところ。トムが次々に衣装やヅラを変えつつ、嬉々として過去のキャラクターたちを演じる約9分間の濃度はすさまじい。トムは同番組に『アウトロー』の続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(11月11日日本公開)のプロモーションのために出演した。トムは同作を引っ提げ、22回目の来日を果たすことも決まっている。(編集部・市川遥)