正確なCKでチームの2点目に絡んだ市丸。今大会初出場に緊張していたというが、堂々としたパフォーマンスを見せた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[U-19アジア選手権]U-19日本 3-0 U-19カタール/10月20日/バーレーン
 
 3日前のイラン戦で左膝を負傷した神谷優太(湘南)に代わり、ボランチでフル出場した市丸瑞希(G大阪)は及第点以上の働きを見せた。
 
「フリーでボールを受けて前を向けたので自由にボールを蹴ることができた」というとおり、 試合序盤からパスセンスの高さを活かして攻撃を牽引。セットプレーでは正確なキックを披露し、前半終了間際にはCKから三好康児(川崎)のゴールを導くなど、勝利に大きく貢献した。
 
 今大会初出場ながら攻守に堂々と振る舞った市丸だが、試合前は大きなプレッシャーを感じていたという。
 
「やばかったです。こういう国際舞台を戦うのは初めてだったし、負けたら終わりという状況だったので。でも、試合が始まってファーストタッチしてからは良い感じかなと思って、1点入ってからは楽でした」
 
「昨日は緊張しすぎて、2、3回起きてしまった」とは思えないその活躍ぶりは、世界大会への切符を目指す日本を力強く後押ししたのは間違いない。
 
【PHOTO U-19アジア選手権 日本3-0カタール】攻撃的に戦いグループリーグ1位で突破を決める

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)