写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIとKDDI総合研究所は10月20日、SIMを活用したIoTセキュリティ技術を開発したと発表した。同技術は、IoT機器の通信にSIMの高いセキュリティ耐性を持たせることで不正遠隔操作やなりすましを防止するもの。

今回、KDDI総合研究所はSIMを活用したIoT機器向け暗号鍵管理技術を開発。同技術は、SIMの中に、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込み、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を簡易かつ安全に発行する。

一方、KDDIは、OTA (Over The Airの略。無線通信を経由して行うこと) による遠隔操作で、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを設定・解除する実証実験に成功した。これにより、IoT機器向けの認証、暗号通信、電子署名、これらを支える暗号鍵の遠隔保守が可能になるという。

同技術を応用することで、IoT機器自体の遠隔操作やソフトウェアのアップデートを安全に実現でき、今後のIoT機器への利用拡大、利便性の向上が期待できるとしている。

同技術の活用例としては、監視カメラや災害観測などのインフラを支える機器がネットワークにつながるケースに対し、通信の安全化と遠隔保守に加え、家電製品のリモートアップデートや、スマートフォンを利用して家の鍵を開けることなどが実現できることが挙げられている。