写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは10月20日、さまざまなモノから取得した異なるIoTデータを共通のプラットフォーム上に集約し、データのファイル形式や更新タイミング、表示単位などを共通化することで、複数の事業者が共同で利用することを可能とする新たなIoTプラットフォーム技術の開発に着手すると発表した。

同技術の開発は、今後のIoT活用が高まると期待される交通分野において、三菱重工業、はこだて未来大学、アットウェア、ドコモ・バイクシェアと連携して行う。

具体的には、東京都臨海副都心において「デマンド乗合車両」「レンタサイクル」「公共交通」を活用した実証実験を行う。実験期間は2016年10月20日から2019年3月31日まで。

実験では、各サービスの乗降者データ、走行距離などの各種データをプラットフォーム上に集約し、データの更新頻度、形式、表示単位を共通化して、デマンド乗合車両、レンタサイクルの乗車需要予測や公共交通の需要分析に活用するなど、データの精度や交通分野においてIoT共通化プラットフォームを導入する有用性・実現性について検証を行う。