「天秤をゆらす。」が12月23日(金・祝)に公開されることが決定!/(C)2016「天秤」製作委員会

写真拡大

万年モラトリアムなダメ男2人の成長を描いた映画「カニを喰べる。」「羊をかぞえる。」(共に'15年公開)に続く、シリーズ第3弾作品となる映画「天秤をゆらす。」が、廣瀬智紀を主演に迎え、12月23日(金・祝)より東京・池袋HUMAXシネマズほかで順次公開されることが決定。同時にキービジュアルが解禁となった。

【写真を見る】果たして「少年の頃の夢、覚えていますか…?」のキャッチコピーが意味するものとは?/(C)2016「天秤」製作委員会

同シリーズは、田宮治(染谷俊之)と青島豪志(赤澤燈)のアラサー男子が定職にも就かず、自堕落な生活を送りながらも、少しずつ成長していく様子を描いた人気シリーズ。

第3弾となる本作は、前作で2人の前に現れ、思いもよらぬ騒動に巻き込んだ、超がつくほどのお人よし・丸井裕之(廣瀬)にスポットを当てたスピンオフ作品となる。

主演は、人気作への出演が後を絶たない廣瀬が務める。映画「セブンデイズ 2部作」('15年)で主演を務める他、ドラマ「エイジハラスメント」('15年、テレビ朝日系)や「掟上今日子の備忘録」(同・日本テレビ系)などに出演。

さらに、来年1月からのドラマ「男水!」(日本テレビ)への出演が控えるなど、その活躍の場をますます広げる廣瀬が自身2度目となる丸井役を務める。

前2作でW主演を務めた染谷と赤澤も引き続き出演。さまざまな舞台で共演を重ねてきたからこそのあうんの呼吸で駄目な男2人を好演してきた染谷と赤澤だが、本作ではそんな2人の関係に亀裂が入る?

今まで見たことのない2人の姿にも注目が集まる。また、メガホンを取るのは同シリーズ全ての監督・脚本を担当した毛利安孝氏。

併せて解禁となったキービジュアルでは、丸井・田宮・青島の3人が、本作で重要な役割を持つ2人の少年と一緒にほほ笑んでいる様子が描かれている。キャッチコピーにもなっている「少年の頃の夢、覚えていますか…?」が意味する事とはなんなのか、期待はタカあるばかりだ。

また、公開初日にはキャスト登壇による舞台あいさつも予定。詳細は決まり次第、公式ホームページにて告知される。