写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは10月20日、企業における情報システムの運用管理の実態に関する調査結果を発表した。

システム運用管理における課題を質問した結果、「運用管理担当者のスキルが不足している」が32.0%で最も多い回答となった。これに、「運用管理の自動化ができていない」(30.7%)、「システムの一元管理ができていない」(30.4%)が続いた。

過去4回の調査でも担当者のスキル不足は最も多い回答となっており、同社は「担当者のスキル不足により、運用管理の自動化や一元管理ができない状況を招いてしまっている」ことが考えられると指摘している。

運用管理担当者の運用上のミスで障害やトラブルが発生する頻度については、ほぼ毎日が1.3%、週に数回程度が7.1%、月に数回程度が23.6%となり、合わせて32.0%の企業が毎月運用ミスによる障害やトラブルを経験していることがわかった。

さらに、サーバの運用台数が100台以上の企業になると、ほぼ毎日が2.6%、週に数回程度が12.1%、月に数回程度が29.3%となり、毎月障害やトラブルを経験している企業の割合が44.0%にまで上昇している。

また、クラウドサービスを利用している企業に対し、クラウドサービスの管理における課題を聞いたところ、IaaS(Infrastructure as a Service)を利用している企業では、「クラウドのサービスレベルが不安定である」が40.4%と最も多い回答となった。サービスレベルが安定していない状況が多くの企業で発生しているようだ。

一方、PaaS(Platform as a Service)を利用している企業では、「サービスのプロビジョニングが自動化できていない」が34.1%で最も多い回答となった。リクエストに対して迅速にサービスを用意できていない状況が見受けられるという。

IaaSとPaaSの双方で上位の課題として挙がっているのが、「利用前に試算したコストよりも高くなっている」で、それぞれ回答率が28.8%と25.0%になった。実際にクラウドサービスを利用してみると、試算していたコストを上回ってしまうという問題も発生していることが明らかになった。

(辻)