写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルネサス エレクトロニクスは10月19日に都内で「R-Car Consortium Forum 2016」を開催したが、これにあわせて新しく「R-Car M3」と、新しい開発キットである「R-Car スタータキット」2種類を発表した。この内容をまとめてご紹介したい。

まずR-Car M3についてである。「R-Car M3」は2015年12月に同社が発表したR-Car H3(Photo01)のメインストリーム向けモデルとなる(Photo02)。

R-Car H3は高級車向けとするとR-Car M3は世界戦略車などもう少し低価格モデルとなる車種向けであり、R-Car H3を低価格向けにアレンジした形となる。ただしソフトウェアの互換性は保たれており、またSiPの形での提供もなされるのは同じである(Photo03)。細かく言えば、メモリバス幅がR-Car H3は32bit×4なのに対してR-Car M3は32bit×2になるとか、32bitタイマーの数がやや減ったとか、Ethernet I/Fが省かれ、代わりにMOST50 I/Fが追加されたなど細かな違いはあり、またパッケージも異なる(単品が1022ball 0.8mm FCBGA 29mm×29mm、SiPモジュールが1255pin 40mm×40mm。R-Car H3はそれぞれ1384ball 0.5mm FCBGA 21mm×21mmと1255pin 42.5mm×42.5mm)が、ソフトウェア的にはほぼそのまま行ける構成になっている。

ただし発表の本題はこちらではなく、続くスタータキットのほうである。今回同社は、このR-Car H2/M2を搭載した10cm角の開発ボードとして、R-Car スタータ ProとR-Car スタータキット Premierの2つを発表した(Photo04〜06)。ちなみに裏面にCOM Expressのコネクタが搭載されていることもあり、こんな具合にマザーボードの上にドーターボードとして利用することも容易である(Photo07)。

特長的なのは、このR-Car スタータキットが、同社より直販ではなくAVNETとマルツエレックという代理店経由で誰でもすぐ購入できること、そして購入しやすい価格に抑えられた事である(Photo08)。これは同社の自動車関連製品に関する方針転換を示す大きな動きである。

このあたりの話は次に説明するとして、その前にもう1つだけ。このR-Car スタータキット Premierを2つ搭載したHAD(Highly Automotive DrivingL高度自動運転)ソリューションキットも同時に発表になった(Photo09〜12)。

話を戻すと、今回のスタータキットがなぜ大きな方針転換となるのか、という話をご紹介したい。そもそも説明会はまず大村隆司氏(Photo13)による市場概観から始まったのだが、自動運転時代に向けた形で同社はさまざまな製品をすでにリリースしており、コントロール〜ヒューマンI/Fの範囲ではすでに大きなシェアを持っており(Photo14)、コグニティブあるいはセンシングのところでもそう引けを取っている訳ではない(Photo15)が、決定的なものではない。

ただ、ではこうしたマーケットでシェアを取るためにはより高度なハードウェアがあればいいのか? と言うわけではなく、むしろソフトウェアの比重がどんどん高くなっているのが目下の問題である(Photo16)。特に、単にソフトウェアの量が増えているのみならず、これまで車と関係が無かった分野(例えばディープラーニング)のソフトウェアが必要になってくるなどした事で、従来の「自動車関連エンジニアがソフトウェアを書く」だけでは間に合わなくなりつつある(Photo17)。

こうした動きに対応するためには、もっとオープンなコミュニティを構築し、自動車業界以外の人々にソフトウェアを書いてもらう必要がある(Photo18)。

そのために同社が出来ることは何か? というと、開発環境の容易な入手性と、必要な環境の整備である(Photo19)。従来の反省(Photo20)に基づいてコンセプトを見直したのが、今回のR-Car スタータキットと言うわけだ。先ほどマルツが販売代理店に入っていたのもこの一環で、例えば大学などで自動運転とか画像処理、ディープラーニングなどを研究している研究室や学生の方に、すぐこのボードを使って評価したり研究したりしてもらうことで、Photo18に出てきた"Professional Community"を広げよう、というのが今回の最大の狙いといっても良い。

もちろんハードウェアだけでは話にならないのだが、これに関しても車載LinuxやGENIVIといったオープン系コミュニティ、それとQNXをサポートする事で、(QNXはともかく)動かすために必要なOSやドライバ類は早期から利用可能になり、開発者にアルゴリズムあるいはアプリケーションに専念してもらえる環境を作った形だ。またPhoto09に出てきたHADソリューションも同じで、こちらは実車に搭載できる構成と堅牢性を持っているので、そのまま実際の車での評価もすぐ出来るようになっている。

従来こうした目的でルネサスはR-Carコンソーシアムを主催しており、こちらも現在187社のメンバーが加盟しているが、こちらはアクセスして頂くと判るとおり、基本自動車関連メーカーのみの参加という形で、入会基準も厳しい、ある意味自動車関連業界のみのコミュニティである。ところがR-Car スタータキットの目指すものはこれを超えたもっと幅広いコミュニティである。この幅広いコミュニティを構築するための道具が、R-Carスタータキットというべきかもしれない。「1人に1台、R-Carの環境を」というのが目標で、これに向けて価格面は相当頑張った様だ。実際、Photo08でも判るがCortex-A57×2+Cortex-A53×4+Cortex-R7×2+PowerVRの載ったSoCとDRAM/Flash/周辺回路が全部入ったものがたったの499ドルというのは、かなり思い切った値段といって良い。なにか他の用途に使えないかを考えたくなるほどだ。

ちなみにR-Carコンソーシアムその他のパートナーにはすでにR-Car スタータキットが早期提供されており、各社がこれを利用してさまざまなソリューションを展示していた(Photo22〜37)。

またHADソリューションキット自身はまだパートナーへの出荷も行われていないようだが。このHADソリューションキットのプロトタイプというか前身にあたるR-Car H2ベースのものを利用した自動パーキングデモ(Movie01,02)も展示された。

(大原雄介)