デザイン性とサウンドにこだわるSIMフリー

写真拡大

スマートフォンなどモバイル関連製品を手がけるZTEジャパン(東京都中央区)は、SIMフリースマホ「AXON 7(アクソン・セブン)」「AXON 7 mini(アクソン・セブン・ミニ)」を2016年10月21日に発売する。映画館やホームシアターなどに広く導入されている「ドルビーアトモス」をスマホとして初採用。響き渡るボーカルや繊細でクリアな演奏など、立体感あるサラウンド再生が可能だ。

BMWグループ企業デザインによる流麗なアルミボディ

いずれも、ドイツBMWのグループ企業「Designworks」によってデザインされたという、継ぎ目のない流麗なラウンドフォルムのアルミフルメタルボディを採用。デュアルスピーカーによるステレオサウンドを楽しめる。

nanoSIM×2(1スロットはmicroSDカードスロット兼用)のデュアルSIM仕様。OSは「Android 6.0」をプレインストールする。カラーはイオンゴールド、クオーツグレーの2色。

フラッグシップモデル「AXON 7」は、5.5型WQHD(2560×1440ドット)アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載。旭化成エレクトロニクス製のオーディオ専用チップをダブル搭載し、CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源に対応(イヤホン接続時)。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。バッテリー容量は3250mAh。

価格は5万9800円(税別)。

スタンダードモデル「AXON 7 mini」は、5.2型フルHD(1920×1080ドット)AMOLEDディスプレイを搭載。メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。バッテリー容量は2700mAh。

価格は3万9800円(同)。