シリーズ最新作「ローガン」は2017年6月公開 (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

写真拡大

 ヒュー・ジャックマン主演の人気シリーズ第3弾「ローガン(原題)」が2017年6月に全国公開されることが決定し、オンライン限定予告編が公開された。驚異的な治癒能力を有し“不老不死”と思われていたウルヴァリンの見慣れた姿ではなく、しわが刻まれ、傷だらけの肉体が映し出される衝撃的な内容だ。

 「X-MEN」シリーズのスピンオフにあたり、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「ウルヴァリン:SAMURAI」に続く新作は、人間からミュータント遺伝子が消し去られ、もはやX-MENは伝説となった世界が舞台。年齢を重ね、治癒能力が衰えたウルヴァリンは、軍の極秘実験であらゆる物質を切り裂く超金属アダマンチウムの骨格を手に入れる以前の“ローガン”という名前を再び名乗っているという設定だ。

 このほど公開された予告編では、ポスタービジュアルでウルヴァリンの手を握る小さな手の正体が明らかになる。苦痛と苦悩に満ちた長い年月を過ごし、方向性を見失っていたローガンが、良き師であるプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアから最後のミッションを懇願される。それは、“ミュータントにとって最後の望みとなる少女”を守ることだった。なぜウルヴァリンの治癒能力は衰えたのか。なぜ少女がミュータント最後の希望なのか。前2作とは打って変わって、ウエスタンのようなバイオレンスさを感じさせる映像で描かれる。

 絶大な人気を誇る孤高のヒーロー、ウルヴァリン役を2000年の「X-メン」から演じてきたジャックマンは、本作を最後の同役を卒業することを表明している。チャールズ役のパトリック・スチュワートが共演し、前作に引き続きジェームズ・マンゴールド監督がメガホンをとった。