写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優のヒュー・ジャックマンが主演を務める『ウルヴァリン』シリーズの最新作『ローガン(原題)』が2017年6月に公開されることが決定し、オンライン限定予告編が21日、公開された。

『X-MEN』(2000年)でスクリーンデビューして以来、絶大な人気を誇りながらも、ずっと謎に包まれていた最強にして孤高のヒーロー:ウルヴァリン/ローガン。15年以上も思い入れたっぷりに演じてきたヒュー・ジャックマンは、本作を最後にこのキャラクターを演じることを卒業すると噂されており、これで見納めとなる可能性も。そして、『ウルヴァリン:SAMURAI』(13)に続き、ウルヴァリン/ローガンを知り尽くしているジェームズ・マンゴールドがメガホンを取る。

先日、ジェームズ・マンゴールド監督やヒュー・ジャックマンが、自身のTwitterにポスター画像を投稿。『X-MEN』シリーズの人気キャラクター・デッドプールを演じたライアン・レイノルズが、「That's my hand holding Logan's in the new poster.(ローガンの手を握っているのは俺だよ)」と傷ついた大きな手を握る"小さな手"は、レイノルズの手だと投稿するなど、世界中でさまざまな憶測が飛び交った。そんな小さな手の正体も、このたび公開された予告編では明らかになっている。

そのほかにも、予告編ではさまざまな事実が描かれている。ローガンとは、ワイルドな風貌に孤高の魂を宿し、あらゆる物質を切り裂く超金属(アダマンチウム)の爪と驚異的な治癒能力を持ったウルヴァリンであり、肉体再生能力を持つため、外傷は即座に治り、老化現象も抑えられるため"不老不死"の最強のヒーローだった。しかし、到着した映像の冒頭で映し出される、しわが刻まれた皮膚や、傷跡だらけの肉体、「ローガン」を名乗っており、あのウルヴァリンとは思えない。また、ウルヴァリンに語りかける男をチャールズと呼んでいることから、チャールズ・エグゼビアつまり、プロフェッサーXであることもわかる。

今度のウルヴァリンは、見慣れている彼とは全く違う。年を重ね、治癒力の衰えた彼は、生まれて初めて、本当に傷つきやすい状態だ。苦痛と苦悩に満ちた長い年月が過ぎ、今や、X-MENは伝説でしかなく、人間からミュータント遺伝子が削除された世界で、彼は方向性が見つからない生活に埋もれている。彼の良き師であるチャールズは、以前の面影もない混乱した状態だが、ウルヴァリンに最後のミッションを引き受けてほしいと説得する。おそらく、これまでで最大の危機となる彼の使命は、"ミュータントにとって最後の望みとなる少女"を守ること。なぜ、ウルヴァリンの治癒力は衰え、改造手術前の"ローガン"を名乗っているのか、そして、少女がなぜ、ミュータントの最後の望みなのかは、謎に包まれている。

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation