北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、朴槿恵(パク・クネ)政権が、北朝鮮の人権問題に取り組んでいることに対して「人間のくずの茶番劇」であると非難する論評を配信した。

論評は、朴政権が「北朝鮮人権法」を施行したことや「北人権記録保存所」を設けたことに対して、「われわれの尊厳あるイメージをダウンさせ、『体制統一』の妄想を実現しようとするもう一つの妄動」と指摘

さらに「『北人権記録保存所』のような反共和国謀略機構が公然と設けられたのは、同族対決に狂った朴槿恵逆徒の醜悪な正体をことごとく暴露している」と強調した。

そのうえで「われわれの社会主義制度を『人権』だの、何のという茶番劇でどうにかしてみようとする朴槿恵一味こそ、天に向けて拳を振り回す白痴である」と罵倒した。