MX4Dは日本最多の全国合計16劇場で展開 (C)Lucasfilm 2016

写真拡大

 TOHOシネマズ株式会社は、「IMAXデジタルシアター」と「MediaMation MX4D」の設置劇場を拡大することを発表した。「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の公開にあわせ、今冬の追加導入を予定している。

 IMAXデジタルシアターは、最新鋭プロジェクションシステムと音響システムが最高級の映画体験を提供。神奈川・ららぽーと横浜、大阪・なんばで新規導入し、東京・新宿、宮城・仙台、京都・二条とあわせて全国5劇場で展開される。

 さらにMX4Dは、シーンにあわせて客席が駆動し、風、ミスト、香り、ストロボ、煙など11種類の特殊効果が5感を刺激するアトラクションシアター。東京・西新井、府中、神奈川・海老名、大阪・鳳で新規導入され、日本最多となる全国合計16劇場で展開する。

 また「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を描く。フェリシティ・ジョーンズが主演し、ギャレス・エドワーズ監督がメガホンをとる。12月16日から全国で公開。