なぜか地元民には関心が薄い上海ディズニーランド

写真拡大

 今年6月に開園した上海ディズニーランドだが、なぜか盛り上がっていない。アジアで3番目となる上海ディズニーは敷地面積約400ヘクタールで米国外では最大、開園前には内外メディアがこぞって報道したものの、なぜか地元市民の関心は薄い。国慶節の休日直前の9月30日、「混むから行くな」の周囲の反対を押し切り、筆者は現地取材に訪れた。

 その日、筆者は浦東国際空港からタクシーに乗り、上海ディズニーを目指した。浦東空港から30分程度の道のりだが、運転手は何度も道に迷う。上海ディズニーの周辺は田畑が広がる。たまにさびれた工業園区があるだけで、道を尋ねる人すら歩いていない。

 運転手はイライラしながら、道に迷った言い訳をこう語った。

「だいたい上海ディズニーに行く客なんていやしないんだ。客は過去に一度乗せたことあるだけだ」

 上海ディズニーを起点にした3時間圏内には3億3000人の市場があるといわれているが、上海ディズニーのおひざ元の浦東新区でタクシー業を営むこの運転手は見向きもしない。

「上海ディズニー? 俺は興味ないねえ。第一、入場料がこう高くちゃ行けないよ。行ったところで大混雑は目に見えているだろうしね」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)