市川海老蔵主演の「石川五右衛門」内で“名人芸”を披露する海原はるか・かなた/(C)テレビ東京

写真拡大

テレビ東京系で放送されている市川海老蔵主演の「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」(毎週金曜夜8:00-8:54)。

【写真を見る】10月21日(金)放送の第2話は、いよいよ五右衛門(海老蔵)と茶々(比嘉愛未)とのロマンスが…!/(C)テレビ東京

10月21日(金)放送の第2話で、海原はるか・かなたが出演することが分かった。

本ドラマは、庶民のヒーローで天下の大泥棒・石川五右衛門(海老蔵)の活躍を描く時代劇。

第2話では、豊臣秀吉(國村隼)の側室・茶々(比嘉愛未)が、人気力士・岩川次郎吉(渡辺裕之)と共にある謀略に巻き込まれてしまう。そして五右衛門と茶々の禁断の恋が動き出すという、重要な回だ。

そんなストーリーに、ベテラン漫才コンビの海原はるか・かなたが居酒屋の店主として登場する。

しかも、はるかの髪の毛にかなたが「フーッ!」と息を吹きかけ、はるかの頭皮をあらわにする二人の“名人芸”を取り入れた場面があるという。

公開されたシーンカットでは、見事にはるかの髪がふわりと舞っている。その瞬間をぜひオンエアで確認してほしい。

海老蔵が記者会見で「こんなばかばかしい時代劇はない。見たことのないものが見られるドラマ」と語ったように、今夜放送の第2話もぶっ飛びまくりの内容になりそうだ。