規格外の金持ちを前に困惑する熊切あさ美&松居直美/(C)テレビ朝日

写真拡大

ちょっとおバカな世界の超大金持ち“バカネモチ”の生活を、芸能人が家政婦となってのぞき見するバラエティー特番「世界の愛すべきバカネモチ!」(テレビ朝日系)が、10月23日(日)昼1時55分より放送される。

【写真を見る】家政婦・熊切は見た!?/(C)テレビ朝日

今回、“芸能人家政婦”となるのは、松居直美と熊切あさ美。フィリピンのバカネモチ、ルイス・チャビット・シンソンさんの自宅で働く。

ルイス・チャビット・シンソンさんは、州知事や下院議員を歴任したフィリピン政界の大物で、現在は実業家。動物好きが高じ、トラをペットとして飼って街中を散歩させたり、自宅にプライベート動物園を作り、ライオンをはじめとする猛獣を多数飼育している。

松居と熊切は家政婦としてさまざまなお手伝いをしながら、スケールの大き過ぎるバカネモチの生活をのぞき見る。

ロケ中、自宅があるビガンと別宅があるマニラの移動に利用したのが…チャビットさんのプライベートジェット。彼は、飛行機を14機も所持しているということで、これには松居も熊切も驚きを隠せない。

また、女性が大好きだというチャビットさん。ロケ中、熊切にはハグして、松居が近づくと「NO!」というやりとりが何度も繰り広げられた。どうやら熊切のことがかなりお気に入りになった様子。

さらにカメラが回っていないところでも、チャビットさんが熊切に「オレが持っているテレビ局の番組に出してやるから、プロフィールを送ってこい!」と本気で話していた。果たして熊切のフィリピン進出はあるのか、動向を見守りたいところだ。

一方、ペットのトラとうまく触れ合うことができなかった松居は、バカネモチから「うちのペットともっと仲良くなるように!」と言われ、動物園でカンガルーやダチョウの小屋掃除、スネークショーのお手伝いなどをひたすら行っていたそう。松居の苦労にも注目したい。

【松居直美コメント】

今回のフィリピンロケでは、今まで見たことないようなものをたくさん見せていただきました! 

いったい総額、何億円分になるんだろう…!? とても貴重な体験ができました!

【熊切あさ美コメント】

世の中には“上には上がいるんだなぁ”と感じたロケでした。スゴ過ぎて、ロケ中もたまに、夢か現実か分からなくなってしまいました!

今回出会った“バカネモチ”のシンソンさんは、誰からも愛されていて人間として尊敬できる方でした! 

超お金持ちですが、とても周囲の人々から慕われていて、この人なら皆さん付いて来るな、と感じました!