伝統か近代化かを巡り激しく対立、しかし市民は無関心

 ソウルの東西を走るオリンピック道路を空港から江南に向かって走っていると、右手にノリャンジン水産市場が見えてくる。

 先日、何気なくそちらを見ると、巨大な新築のビルが建っていた。延べ面積11万8346平方メートル、地下2階、地上6階建てのこのビルの外観は、宇宙船のようである。筆者は知らなかったが、今年の3月から営業を開始した新しい水産市場だという。

 以前の伝統的な在来市場がなくなって、こんなすごいビルが建ったのか、と感心していると、その隣には壁ごとに赤いペイントで無数にバツがついている。まだ撤去されてない建物があるようだ。

 ノリャンジン水産市場は、東京の築地市場のように海産物の卸売り市場である。

高い競売率に日本や中国から見学者続々

 全国から引き揚げられた魚が、海のないソウルに一手にこちらに集まる。卸売り市場の隣に小売り市場もあるので、市民たちが安くて活きのいい魚を求めてやって来る。

 ソウルには水産物卸売市場が6つあるが、ここの競売取引金額は2210億ウォン(2014年8月現在)で、他の5か所を合計した金額に等しい。

 競売で落札される割合(競売率)が9割を超えるため、その秘密を探ろうと、日本や中国の水産関連機関だけでなく大学からも競売システムを学ぶために定期的に訪問客がやって来る。

 最近は、早朝の卸売場での競りの様子や伝統的な在来市場として韓流ドラマのロケ地となったためか、1日500人もの個人旅行者たちが集まる観光スポットにもなっている。

 1927年、現在のソウル駅の近くに韓国で初めての水産市場ができた。そこが手狭になって、1971年に移ってきたのが現在のノリャンジン水産市場の場所である。

 市場の生き証人と呼ばれる人たちに聞くと、それまでは青空市場だったのが、屋根がついて電気も水も出る市場になったのが何よりうれしかったという。

 それから40数年が経ち、ノリャンジン水産市場は老朽化した。

 そこで、ここを取りまとめる水産業協同組合中央会傘下の株式会社、水協ノリャンジン水産は、国から補助金を得て老朽化した水産市場を建て直す計画を立てた。

2年の工期で新市場建設

 最初の提案として、

(1)旧水産市場をリモデリングする。
(2)離れた場所に市場を移す。
(3)隣接した場所に水産市場を新しく作る。

 という案が出され、(1)のリモデリングは建設上、一気に建て替えなければならないというフィージビリティスタディの結果、(3)の案に決定した。

 そして、約2年の工事期間を経て先述の大きな新水産市場が誕生した。だが、現在水産市場は二分している。

 その理由は、旧市場にいた小売業の人たちの約半数が新市場への移転を拒否しているからだ。

 彼らの言い分は、新市場が旧市場に比べて狭く、使い勝手が悪い、管理費が高い、というものだ。そこで、彼らの代表に会って話を聞いてみた。

 ノリャンジン水産市場現代化非常対策総連合会代表のユン・ホンジュ氏は次のように話す。

 「私たちは、単純に狭いとか、管理費が高いとかの話をしているのではありません。もっと怖いことがあるのです。水協が作ったあの建物に入れば、現在の私たちの半分は淘汰されてしまうでしょう」

 具体的に言うと、旧市場は鉄骨の構造で平屋状態にあり、屋根だけなので四面からお客さんが入ることができる。

 だが、新しくなったビルでは、入り口の近くやエスカレーターの近くにある店だけが繁盛する可能性がある。また、複数階があり、これまでのような広い視野は確保されず、客の出入りが寂しい階もできるので、自分たちが生き残れる可能性は半分になるというわけだ。

跡地にカジノを建設

 それだけではない。「水協は自分たちを追い出し、その跡地にカジノなどの娯楽施設を作って大儲けしようとしている。国から補助金をもらって土地を買い、ビルを作っておきながら公共サービスに使わずにいるのは趣旨に反している」と言うのだ。

 一方、水協の言い分はどうか。水協の担当者に会って話を聞いた。

 「彼らが狭いと主張するのは、これまで角に陣取っていた店の場合、通路にはみ出してトロ箱などを出していたため広く使っていただけで、新市場がとりわけ狭いわけではない」という。

 また、カジノの話は私が答える立場ではないと断りながら、「すでにそんな計画は流れたことであり、跡地を有効活用するための案として出ただけ」と答える。

 「彼らは、私たちが勝手に真新しいビルを建てて、一度も図面などを公開してないと言うが、それは嘘だ。市場関係者にはことあるごとに図面を見せて、彼らからの確認の印をもらっている」と主張する。

 現在、新しいビルに移った店舗は50%を超え、旧市場に残っている店舗も相変わらず商売を続けている。筆者は、1日で一番混むと言われる午後6時頃、両市場を見回ったが、旧市場より新市場の方が客入りは多かった。

 だが、旧市場に残った商店主たちの話が耳について離れない。

 「私はここをずっと守ります。だって、こんな良い市場はほかにありませんよ。私はここを失いかけてやっと分かったんです。この伝統市場を守ることが大事だってことを」

 彼らの願いは「旧市場をリモデリングして、以前のように活気のある市場にすることだ」という。

守旧派の頑張りにも限界

 確かにきれいに整った新市場は買い物がしやすいように思えた。だが、それはデパートや他の市場と何ら変わり映えしない。

 ノリャンジンでしか味わえない伝統的な市場は、やはり旧市場のように思える。

 しかし、老朽化してしまった旧市場で頑張るにも限界があるように思える。水協はすでに旧市場のすべての建物を閉鎖し、契約が切れたものと判断している。もしかしたら、水道や電気を切られる可能性もある。

 こうした争いは小売業の人たちだけである。卸売りの機能は完全に新市場に移管し、食堂などもほとんどが移転している。新ビルには仲卸業者もオフィスを構えている。

 そして、市民のほとんどはこのことに関心を示さない。

筆者:アン・ヨンヒ