J.J.エイブラムス(左)と前田敦子(右)

写真拡大

『スター・トレック BEYOND』のジャパンプレミアが10月19日に新宿歌舞伎町シネシティ広場で行われ、製作のJ.J.エイブラムス、キャストのサイモン・ペッグ、ジャスティン・リン監督が登場。スペシャルゲストとして前田敦子も駆け付けた。

『スター・トレック BEYOND』ジャパンプレミア、その他の写真

大規模リニューアルされた歌舞伎町シネシティ広場で初のジャパンプレミアとなったこの日。『スター・トレック』シリーズ誕生50周年を記念し、会場には23世紀の未来からスペースドックが1日限りで出現! 劇中のキャラクターコスチュームに身を包んだ熱狂的ファンなど約350名が今か今かと待ちわびる中、J.J.らが到着した。

3人は『スター・トレック BEYOND』のワールドツアー最後の地として来日。『スター・トレック』全作品で来日しているJ.J.は、「コンバンワ! ここに戻って来られて本当に嬉しいよ。世界で一番大好きな都市が東京なので、ワールドツアーをこの東京で終えられることが本当に幸せ。アリガトウゴザイマス!」と日本語を交えながら挨拶。

一緒に来日したペッグ、リン監督については「2人を迎えられて本当にラッキーだった。驚くべき素晴らしい仕事をしてくれた。彼らのコラボレーションも素晴らしいし、才能も溢れていて面白い。ちょっとだけ切ないのは、自分が監督した過去2作品よりも、今回がベストな作品になってしまったことかな(笑)」と話した。

『スター・トレック』の大ファンで、製作を進めていた映画を蹴ってまで本作に携わることを決めたというリン監督は、J.J.から本作の監督として指名を受けたときの感想を聞かれ、「本当に光栄だったけど、全員が愛と情熱をもっているシリーズに関わることで、ものすごくプレッシャーも感じた。ただ、ラッキーだったのは、J.J.が築いていた素晴らしいクルー、キャストと一緒に映画が作れるということで、本当にいい映画になると思えたこと。全員が情熱を持った作品になったと思うよ」と答えた。

共同脚本をつとめたペッグは、その経緯を聞かれ「J.J.にたくさんお金を払ったんだ(笑)」とジョークを飛ばすと、「J.J.とは10年来の付き合いになるし、断ることなんてできない。素晴らしい機会になると思ったし、大好きな人たちと一緒に仕事ができることが光栄で、とてもとても幸せな話だと思った」と振り返った。

その後、本作の50周年記念セレモニー・アンバサダーをつとめる前田敦子が登場。前田は「『スター・トレック』1作目で来日された際に、J.J.エイブラムスさんにお会いして以来、すっかり『スター・トレック』の大ファンになりました。再会できて本当に嬉しいです!」とJ.J.との再会に感激した様子 。

作品については「アクションシーンや映像も終始迫力満点でものすごく圧倒されました!でも、それだけじゃなくて、さまざまな人間模様が交錯する群像劇としての魅力も、『スター・トレック』の大きな見どころですよね。私は群像劇が好きなのですが、人間ドラマとしてもとても楽しめました 」とアピールした。

『スター・トレック BEYOND』は10月21日より全国公開となる。