写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東急グループは11月1日から、クリスマスプロモーション「東急クリスマスワンダーランド2016 -ディズニークリスタルマジック-」を展開する。ディズニーのキャラクターを描いたラッピング電車を運行するなど、グループの主要商業施設をディズニー1色に染める。

プロモーションの趣旨について、「駅、電車、ならびに東急グループ各施設をディズニー1色に染めることによって、多くの方に各施設を訪れていただき、心に残る時間を過ごしていただくために実施するものです」と東急グループは説明。ウォルト・ディズニー・ジャパンの協力を得て、ディズニー社の4つのブランド(ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル)の意匠で駅や電車、商業施設などを装飾する。

ラッピング電車はこどもの国線を除く東急線全線に登場。東横線はディズニー、田園都市線はピクサー、大井町線・目黒線はマーベル、世田谷線・東急多摩川線・池上線はスター・ウォーズのラッピングがそれぞれ1編成ずつ施される。同じテーマでラッピングされた東急バス4種も登場する予定。

主要6駅の発車メロディも期間限定でディズニーの曲に変更。東横線渋谷駅下りホームは「ミッキーマウス・マーチ」、田園都市線二子玉川駅の上りホームは「ビビディ・バビディ・ブー」など、耳なじみのある曲でクリスマスシーズンを盛り上げる。

渋谷ヒカリエや東急プラザ銀座、東急百貨店など東急グループの主要商業施設も、ディズニーのキャラクターをイメージしたクリスマスツリーなどで装飾。ディズニー商品の期間限定ショップも出店する。その他、東急線沿線の駅を巡るスタンプラリーや、東急グループの施設とディズニーストアを含めた46カ所を対象とするモバイルスタンプラリーなどの企画も実施。12月25日までキャンペーンが展開される。

(佐々木康弘)