ケネディ駐日米国大使と一緒にポーズを取るAYUMUとMASAHIRO

写真拡大

フジテレビ系で毎週月曜深夜に放送中のドキュメンタリー「PROJECT TARO」に出演中のAYUMUとMASAHIROが、米国留学を推進するビデオ・プロジェクト「A Broader View ―人生を変えるアメリカ留学―」に出演。キャロライン・ケネディ駐日米国大使の元を訪れた模様が、10月24日(月)に放送されることが分かった。

【写真を見る】ケネディ駐日米国大使の前でパフォーマンスするAYUMUとMASAHIRO

「PROJECT TARO」は、オーディションで全国から選ばれた10代の若者たちが、ニューヨークでの留学生活の中で学業と両立しながら、エンターテイナーとして世界の頂点を目指し、必死に闘い、成長する姿を追うリアルドキュメンタリー番組。

今回、メンバーのAYUMUとMASAHIROが出演したのは、アメリカでの留学・生活経験を持つ日本人が体験談を語るというビデオ・プロジェクトで、安倍晋三首相、音楽家の小曽根真、タレントの関根麻里らも参加している。

二人は留学推進プロジェクトのレセプションパーティーに招待され、ケネディ駐日米国大使と会話を交わした。AYUMUとMASAHIROが今回選ばれた理由について、ケネディ大使は「アメリカの文化なども含め、さまざまなことを学べるという良い例だと思ったので、あなたたちに会ってみたかった」とコメント。

ボーカルやダンスのスキルアップだけでなく、アメリカエンターテインメント界の登竜門アポロシアターへの出演、イベントの主催、さらにはオリジナル楽曲、アート制作、モデルなど、参加メンバーそれぞれが新しいことに挑戦した結果が今回認められたようだ。

そして、会うだけでもかなり緊張していた二人に、なんとケネディ駐日米国大使からビックなオファーが。10月24日(月)の放送でその内容が明らかになる。