リトルなでしこ連覇なるか!?U-17WC決勝の注目は「セレッソ大阪対決」!‏

写真拡大

U-17女子ワールドカップ2016ヨルダン大会決勝。大会初となる連覇をめざすリトルなでしこを迎えるのは、アジア予選決勝で敗れた因縁の相手、北朝鮮だ。

めでたく地上波での生中継(フジテレビ系列にて明日21日の25時50分〜)も決まり、しかも金曜深夜というナイスな時間帯!サッカーファンにとっては何とも楽しみな一戦となっている。

そんな中、Qoly編集部イチ押しの見どころとしてプレビューしたいのが、この試合で実現されるであろう「セレッソ大阪対決」だ。

決勝には5人のセレッソ大阪勢が出場!?

というのも、リトルなでしこには「セレッソ大阪堺レディース」から脇阪麗奈、野島咲良、北村菜々美、宝田沙織の4人が選出されているが、実は決勝の舞台にはもう一人セレッソの選手がいる。

脇阪麗奈、北村菜々美

脇阪麗奈(3番)と北村菜々美(20番)

その名前は李誠雅(リ・ソンア)、U-17北朝鮮代表であり1999年生まれの彼女の所属チームもまた「セレッソ大阪堺レディース」。そうリトルなでしこの四人にとって李誠雅は、普段一緒にプレーしている仲間であり、正真正銘のチームメイトなのだ。

大阪で育ち男子を押しのけて背番号「10」を背負った

李は、現在大阪朝鮮高校に通う高校二年生。サッカー選手として注目を集めたのは中学生の頃だと言う。

李誠雅

5番をつけるのが李誠雅

全国クラスの強豪である東大阪朝鮮中級学校時代に背負ったナンバーは男子を押しのけての10番、同時期に「関西トレセン」にも選出されている。

高校年代からは、セレッソ大阪堺レディースに入団。今季のなでしこ二部リーグでは途中出場の2試合にとどまっているが、下部組織「セレッソ大阪ガールズ」の参戦する関西リーグでは1つ頭の抜けたプレーを見せているようだ。在日の女子サッカー選手が北朝鮮代表に選出されるのは、史上初の快挙だという。

この李を含めれば、セレッソ大阪堺レディースはU-17世代において最高クラスといえる5名もの選手を一度にワールドカップへ送り込んでいることになる。

近い将来、男子のみならず女子サッカーの世界でもまた「育成のセレッソ」の名が世界に轟くときが来るかもしれない。

男子だけじゃない!セレッソ大阪女子の育成力

セレッソ大阪が、本格的に女子部門の強化をスタートさせたのは、2005年のことだ。

レディーススクールを創設し、ホームゲーム後の長居スタジアムで少人数制の指導を行うなど、地道な活動を継続し、しっかりとその地歩を固めていった。

2010年にはセレクションで選ばれた中学一年生を中心に「セレッソ大阪レディースU-15」を発足。13年には、日本女子サッカーリーグに加盟し、現在の「セレッソ大阪堺レディース」に改称。2014年に三部にあたるチャレンジリーグに降格するも、一期生にとって育成年代最後の年(高校三年次)となる昨年、見事昇格を決め、今季からはなでしこリーグ二部でプレーしている。

「セレッソ大阪堺レディース」の特徴は、何といってもその若さにある。

チームで最年長となる選手の年齢が、1997年生まれの19歳。これは、一般的には大学一年生の年にあたる。大半は、1998年〜2000年生まれのプレーヤーであり、現役女子高校生の彼女たちがチームの中軸を担っているのだ。

【外部リンク】日本女子サッカーリーグホームページのセレッソ大阪選手紹介 (全員の顔写真とプロフィールあり)

今季のセレッソ大阪堺レディースの成績は?

そんなナウでヤングな(←死語?)彼女たちの主戦場である「なでしこ二部リーグ」は、先の10月16日に最終節を迎え、チームは8勝7分3敗の3位で今シーズンを終えている。一部昇格こそ逃したものの、その若さを考えれば、今後に十二分の期待の持てる好成績といえるだろう。

なお、リトルなでしこの宝田沙織は14試合7得点、野島咲良は14試合6得点、チームの中心選手として大車輪の活躍を見せている。

アメリカ戦の宝田沙織

アメリカ戦の宝田沙織

パラグアイ戦の野島咲良

パラグアイ戦の野島咲良

◇宝田沙織のテクニカルなゴール(今年2月の2016 U-17女子NTC招待、韓国戦でのゴール)

宝田、野島は今大会でも、それぞれ4試合2ゴール、3試合3ゴールと大活躍。北村、脇坂の二人もまたレギュラー格として4試合に出場しチームに貢献する一方で、李はここまで3試合出場もすべて途中出場ノーゴールとその存在感を示せずにいる。決勝の晴れ舞台では、リトルなでしこの連覇を願いつつ「五人」のセレッソ勢の活躍にも期待したい。