菅田将暉がミサミサに大興奮!

写真拡大

大ヒット映画「デスノート」シリーズ10年ぶりの正統続編となる『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)のジャパンプレミアが10月20日に東京ドームシティホールで開催され、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、船越英一郎、佐藤信介監督が登壇。“ミサミサ” こと弥海砂(あまね みさ)を演じる戸田と共演を果たした菅田が、「バクバクでした!」と興奮の思いを明かした。

【写真を見る】戸田恵梨香、黒のシックなドレス姿で登場!死神リュークも降臨

本作の舞台は、キラとLとの対決から10年後の世界。6冊のデスノートを手に入れようとする人々による壮絶な頭脳戦が繰り広げられる。伝説的シリーズの復活とあって、「いちファンだった」という東出は、本作への抜擢に「驚いた」と正直な一言。池松も「これだけの素晴らしい作品に関われて光栄」と感激の気持ちを語った。

そんな中、シリーズに再登場となった戸田は「ミサミサ!」との声援に迎えられ、「また『デスノート』をやるとは思っていませんでした」とにっこり。前作でスクリーンデビューを果たしたとあって、「自分がこういう仕事をしているんだと自覚を持った作品。『デスノート』は自分にとって大きくて、かけがえのない存在」と語り、「10年ぶりに同じ役をやるというのは、プレッシャーが大きかった」とミサミサへの並々ならぬ思いを話していた。

ミサミサと共演シーンのある菅田は「僕はミサミサにお会いできた。大興奮でした」と喜びを告白。戸田は「そんなことはなかったよね!」と疑うことしきりで、菅田は「いやいや!何をおっしゃいますか!」と必死に否定。「僕は結構、バクバクでしたよ!」と撮影当時の緊張を振り返っていた。

また、東出、池松、菅田が「デスノートを使いそうなのは誰?」との質問に答えるコーナーも実施。東出の提案で「せーの」で指をさすこととなったが、結果、3人ともが「東出」をセレクト。仲良く意見を一致させたことに会場も大爆笑だったが、池松によると、「一番正義感が強いから」とのこと。最後には東出が「衝撃作になっていると自信を持って言えます」と完成作に胸を張り、大盛況のジャパンプレミアを締めくくった。【取材・文/成田おり枝】