彼女の性具を壊して逮捕された男(出典:http://www.standard.co.uk)

写真拡大

妻や交際相手が、もしも「バイブレーターで十分に満足よ」などと言ってきたらあなたはどう出る? 怒りの矛先はもちろんその性具にも向けられるであろう。しかし感情の爆発には十分に気を付けるべきである。「こんなモノ!」と言ってそれを取り上げて壊すようなことでもあれば、あなたは犯罪者にさせられてしまうのだ。このほどロンドンで…。

クロイドン・ロンドン特別区の治安判事裁判所で有罪答弁を行ったリッチ・ムーアという33歳の建築作業員の男。彼は交際相手と幼い娘を失い、社会からは嘲笑されてひどく落ち込んでいる。ただ恨めしいのは、7年間も交際して2歳の娘までいるというのに男としてのプライドを傷つける言葉を叩きつけて去っていったあの女。彼女のあの一言さえなければ…!?

事件があったその日は、破局したサラ・ミルズさんの家にまだ残っている自分の私物を片付けようとして訪れたというムーア。彼はミルズさん愛用のバイブレーターを発見して頭に血が上ってしまった。ミルズさんは彼と別れるにあたり「あなたとの性行為より性具の方がずっと気持ちイイ」と言い放ち、それが決定的な破局へとつながっていた。そのバイブレーターは性具に詳しい彼がミルズさんへのプレゼントとして買ってあげたというから皮肉な話である。

怒り心頭のムーアは性具を叩き壊してバラバラに破壊。2万5千円ほどする彼女の高級サングラスもとばっちりを受けた。通報により警察が駆け付けるとムーアは「壊した物は弁償する」と主張したが、聞き入れられることなく器物損壊罪の現行犯で逮捕されてしまった。ガールフレンドの情熱を奪った性具には嫉妬を露わにしてしまったが、人に危害を加えたことも凶悪犯罪を起こしたこともない被告は、危険人物ではないという判断のもと10月19日までの条件付きで身柄はいったん保釈となった。

『standard.co.uk』が伝えたところによれば、被告は法廷で「やったことはすべて事実です」と認めたものの、「壊したものを弁償すれば良いだけの話なのに、こんなことで起訴されて裁判が開かれるのでは税金の無駄遣いですよ」とウンザリした顔で述べたという。

出典:http://www.standard.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)