『TAMA CINEMA FORUM』ロゴ

写真拡大

『第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM』の第1弾プログラムが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

11月19日から東京・多摩センターのパルテノン多摩、永山のベルブホール、聖蹟桜ヶ丘のヴィータホールで開催される同イベント。「TAMA NEW WAVEコンペティション」や「TAMA NEW WAVE ある視点」部門などで様々な作品が上映されるほか、監督や俳優を迎えたトークイベントが行なわれる。

第1弾プログラムとして発表されたのは、『ディストラクション・ベイビーズ』『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の上映と、向井秀徳(ZAZEN BOYS)によるライブや真利子哲也監督とのトークを行なう『向井秀徳特集 ―ロックで映画に魂を吹き込む男―』、松岡茉優のトーク付きで『桐島、部活やめるってよ』『ちはやふる 〜下の句〜』を上映する『女優・松岡茉優 未来を語る』、前田司郎監督の特集上映など。

またホン・サンス監督とチャン・ゴンジェ監督の特集では、菊地成孔と社会学者のハン・トンヒョンによるトークが行なわれるほか、映画『ブルックリン』『キャロル』を上映する『TCF 特選洋画上映――50年代NYを舞台に瑞々しく生きた彼女たち――』、池松壮亮、菅田将暉が主演した映画『セトウツミ』など3作品を上映する若手俳優特集なども企画されている。各プログラムの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは11月1日から販売される予定。