ホンダの純正アクセサリーを開発するホンダアクセスは、走りを磨くパーツブランドとして「Modulo(モデューロ)」を展開しています。

そのノウハウを活かしたコンプリートカー『Modulo X』は、これまでにN-BOX、N-ONEといった軽自動車をベースに生み出されてきましたが、ついに人気のMクラスミニバン、ステップワゴンをベースとしたモデルが誕生しました。

1

ステップワゴンModulo Xのポイントはサスペンションと空力デバイスにより、四輪の接地性を向上させるなど走りを磨いていること。ミニバンに求められる乗り心地と、高い車高が苦手とするキビキビした走りを両立させていることが期待されます。

機能系パーツとして専用に与えられているのは次の通り。

専用サスペンション(全高:SPADA比でマイナス約15mm)
専用17インチアルミホイール
専用フロントエアロバンパー
専用エンジンアンダーカバー
専用リアロアディフューザー

シャシー性能と空力性能によりバランスよくハンドリングを引き上げているというのがポイントです。

さらに専用フロントグリル、専用フロントビームライト、専用LEDフォグライト、専用リアエンブレムといったエクステリアでもコンプリートカーらしい差別化をはかります。

インテリアでは、Modulo Xロゴ入り専用ブラック コンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ))、専用本革巻ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)、専用本革巻セレクトレバー(ディンプルレザー)、専用インパネミドルパッド(ピアノブラック調)、プレミアムタイプの専用フロアカーペットマット(Modulo Xアルミ製エンブレム付)が与えられています。

ボディカラーは、プレミアムスパイスパープル・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、ホワイトオーキッド・パールの3色を設定。メーカー希望小売価格は、366万5000円(消費税込)となります。

ステップワゴンとしては高価に見える部分もありますが、Gathersの9インチプレミアムインターナビ(専用オープニング画面仕様)のほか、USBジャック(1か所)やナビ連動タイプのドライブレコーダーとETC2.0車載器を搭載するなど、Modulo Xという名前のコンプリートカーにふさわしい装備内容となっています。

(山本晋也)

【関連記事】

ステップワゴンModulo Xを生み出したのは「メカドック」…ではありません。
http://clicccar.com/2016/10/20/409951/

ホンダ・ステップワゴンに設定される「Modulo X」のティザーサイトが公開
http://clicccar.com/2016/09/02/396676/

ホンダ純正のコンプリートカー「Modulo X」チューニングとは調律だ!
http://clicccar.com/2015/08/14/321243/

ステップワゴンModulo Xがついに登場、空力がミニバンの走りを変えた!(http://clicccar.com/2016/10/20/409932/)