中国の習近平国家主席は20日、フィリピンのドゥテルテ大統領と北京で会談し、今回の歴史的な訪中によって両国の関係が「完全な回復」に向かうことを期待すると語った。

 両国は南シナ海の領有権をめぐり対立している。

 習主席は会談で、中国とフィリピンは同胞であり、双方は争いに適切に対処できると述べた。南シナ海問題について具体的に言及することはなかった。

 一方のドゥテルテ大統領は、両国の結束のルーツを容易に断ち切ることはできないと述べ、関係改善を望む姿勢を強調した。

 ドゥテルテ氏は18日、フィリピン経済界の代表ら少なくとも200人と共に北京に到着。米国との長年にわたる同盟関係が悪化する中、新たな通商関係の構築を目指している。

 南シナ海の領有権をめぐっては、7月に仲裁裁判所が中国の主張を退ける判断を示したが、中国はこの判断の受け入れを断固拒否している。

[北京 20日 ロイター]




Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます