写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アックスコンサルティングは10月20日、同社の「ハイブリッド会計Crew」の機能をアップデートした。

今回のアップデートにより、ハイブリッド会計Crewの月次推移レポート機能で、四半期、半期、年次でのレポート出力が可能になった。また、累計ベースか発生ベースかの選択機能も追加。期間を自由に指定して推移表が作成できるようになった。

また、JDL/EPSON/ミロク情報サービス/TKC/PCAの導入残高の取り込みに対応。特に科目数が多い企業にとっては、移行作業の大幅な時間削減が見込めるという。

Crewシリーズは、給与・請求・経理のバックオフィス業務をクラウド活用を通じて効率化するクラウドソフトシリーズ。会計ソフト「ハイブリッド会計Crew」のほか、「Crew給与計算」「Crew明細配信」「Crewマイナンバー」をラインアップ。これらCrewシリーズはデータが自動で連携するため、異なるソフト間でのデータ転記や取込作業を削減可能で、同シリーズのソフト間での行き来はログインし直すことなくシームレスに行えるという。また、すべてクラウド上で利用できるため、OSやデバイスを問わず、インストールやバージョンアップが不要である。

Crew会計の料金プラン(税別)は、ビジネスプラン(個人)が月額980円/年額10780円、ビジネスプラン(法人)が月額1980円/年額21780円となる。

(山本明日美)