ギョームとの間に子供を授かったと発表したばかりのマリオン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの離婚原因になったと噂されたマリオン・コティヤールが、パートナーのギョーム・カネと仲良くレッドカーペットを歩いた。しかし皮肉なことに2人の距離感が、不仲説の浮上とともにマリオンとブラッドの不倫疑惑を再燃させる結果となってしまった。

【写真を見る】おめでたから一転し不仲説が浮上したマリオンとギョーム/写真:SPLASH/アフロ

パリで行われた『Before The Flood(原題)』のプレミアに、黒いミニスカートとアンクルブーツ、そして水色のロングコートという出で立ちで出席したマリオン。ギョームは全身黒でコーディネートし、時には見つめ合って仲の良さをアピールした。

しかしジェスチャーの専門家と、この写真を見たネットユーザーたちは、意外な反応を示している。というのも、2人ともポケットに手を入れて触れ合っていないどころか、2人の距離がかなりひらいているからだ。

「2人は見つめ合ったりしていますが、なんとなくよそよそしい感じがします。手を外に出さず、また触れないのは拒否ともとれます。特にマリオンは女優ですから、レッドカーペットで手をポケットに入れているというのはありえません。マリオンにとって、見つめ合う演技はお手の物でしょうが、2人の関係を手が物語っています。2人の距離も気になります」と専門家はナショナル・エンクワイラー紙に語っている。

またネットユーザーも、「なんかよそよそしさを感じる」「ブラッドは、アンジェリーナと不倫していた時もウソをついていた。平気でウソをつけるってことだから否定しても信用できない」「お腹の子はブラッドの子だと思う」「今回の1件で、ギョームが不倫を疑って関係がぎくしゃくしている感じがする」「子供が生まれてDNAテストをするまで、はっきりしない」と鋭いコメントを寄せており、なかなか不倫疑惑は晴れないようだ。【NY在住/JUNKO】