元ボディガードがブラッドとアンジェリーナについて「クレイジー」と発言/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、子供たちのボディガードを務めていたマーク・ビリンガムという英国人男性は、「2人には他人と付き合ったり、ふつうに暮らしていくのに必要な常識が欠けていた」と発言している。

【写真を見る】ブランジェリーナのボディガードだったマーク(写真手前)/写真:SPLASH/アフロ

「僕が驚いたのは2人の非常識さだった。『どうやってバーに行けばいいの?』、『そこに行ったらどうしたらいいの?』とか質問してくるから、クレイジーだと思った。彼らはバカではないんだが、あまりにも長い間そういった当たり前のことをしない世界で生きている。それは異様だと思った」とマークは英紙ザ・サンに明かしている。

また、ブラッドはジョークで人を笑わせることが多かったようで、「アンジーの誕生日だったと思うけど、僕たちはみんなアウディQ7に乗り、車内に座っていた。まだ彼らのボディガードになって間もない頃だった。突然ブラッドがドアをすべてロックして、放屁したんだよ。僕たちは外に出られなかった」とユーモラスなエピソードを明かしている。

マークはブラッドとアンジェリーナに信頼され、子供たちの連れ出しを許可されるほど、深い関係を築いていたそうだ。「子供たちを泳ぎに連れて行ったりしていました。実際は父親代わりのようなものでした。」とマークは語っている。【UK在住/MIKAKO】