ヴィクトリアは「人付き合いをする時間がない」と話していた/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ヴィクトリア・ベッカムが、豪州版ヴォーグ誌のインタビューで、「自分より5歳の娘ハーパーのほうが人気で、社交的な生活を送っている」と明かした。

【写真を見る】愛娘ハーパーを抱っこして空港に現れたヴィクトリア/写真:SPLASH/アフロ

「ハーパーは学校でも一生懸命勉強するし、社交的で、友達もたくさんいます。ハーパーのほうが私より人付き合いを楽しんでいます」とヴィクトリアは同誌に語っている。

ヴィクトリアはサンデー・ピープル誌に、「自分は時間がない」とぼやいたばかりだ。「私には人付き合いをする暇がありません。4人の子供たちとデビッドが私にとって最優先だから。子供たちの劇や保護者面談があったら私は必ず行きます。デビッドと私が同時に家を空けることはほとんどありません。子供たちの宿題をみて、お風呂に入らせて、時間がきたら就寝させます」というヴィクトリアは、毎朝ハーパーを学校に送っているという。

「お金を払い、誰かに代わってもらうことで楽になるのは間違いありませんが、私にとって自分でこなすことが重要なのです」とヴィクトリアは話している。

「パーフェクト。すべてが完璧。だから彼女はいつも笑っているんでしょう」「自分のことしか考えない人が友達をつくるのは難しい」「全然イギリスにいない人が、どうやって毎朝ハーパーを学校に連れて行ってるんだろう」などの読者コメントが英紙デイリー・メールのサイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】