<観客動員数がリーグ随一という日本の人気バスケットボール・チーム、千葉ジェッツ。しかし、実はわずか4年前には経営不振で存続の危機に瀕していた。再建を担ったのは、スポーツは門外漢だった経営コンサルタントの島田慎二氏。一体どんな再建計画を立て、いかにそれを実行していったのか>

 千葉ジェッツを運営する株式会社ASPEの社長に就任したのは2012年のことです。

 当時、ジェッツは経営不振で存続が危ぶまれていました。そこで経営コンサルタントをしていた私に、再建計画を立ててほしいと道永幸治取締役会長から依頼があったんです。リサーチと分析の結果、膨大な数の小口債権者を整理してガバナンスを再構成すること、資金調達力を強化すること、社内の士気を高めることなど、ヒト、モノ、カネに渡る再建計画を40ページくらいのペーパーにまとめて提出しました。

 本来ならそこで私の仕事は終わるはずでしたが、さらに社長として再建を実行してくれないかと指名を受けたんです。バスケットはもとよりスポーツチームの経営に携わったこともありませんし、いばらの道であることも重々承知していましたが、道永会長にはかつて別の事業でお世話になっていましたし、他の支援者の方からも島田が引き受けないなら手を引くとまで言われて、これはもう腹をくくってやるしかないと社長を引き受けることにしました。

全てのステークホルダーと共にハッピーになるために

 再建は計画に沿って粛々と進めるわけですが、それにはまず自分たちが何のために活動し、何を拠り所とするかを明確にする必要があると考えました。そこで社員みんなの意見も聞きながら、活動理念と13項目からなるミッションを次のように決めたんです。

<活動理念>
 千葉ジェッツを取り巻く全ての人たちと共にハッピーになる

<ミッション>
 1. ブースター* の皆様にとって身近で愛着のある存在になります。
 2. ブースターの皆様の声に真摯に耳を傾けます。
 3. ブースターの皆様と喜び、感動し、一体感を共に味わうことを大切にします。
 4. パートナーの皆様の協賛価値を共に向上させます。
 5. ボランティアの皆様・フライトクルー* と共に試合興行、イベントなどを作りあげていることを忘れません。
 6. 地域の皆様の誇れる存在になります。
 7. 子供たちの夢見る舞台を継続的に提供していきます。
 8. プロスポーツチームだからこそできる社会貢献を果たします。
 9. 地域を盛り上げるために積極的にイベントに参加します。
 10. 共にサービスを提供する取引業者との絆を深めます。
 11. 選手はチームワークを大切に、愛され、そして勝てるチームになります。
 12. スタッフは一致団結し、働きがいのある職場環境を皆で創ります。
 13. スタッフ・株主が成果に対するリターンを享受できる組織になります。

 何のために千葉ジェッツが存在しているのかといえば、関係する"全て"の人たちと一緒に幸せや楽しさ、充実感を味わうため。それを具体的に示したのがミッションで、ブースターの方々、パートナーの団体・企業、興行を支えてくれる業者、自治体、地域の方々や子どもたち、さらに選手やスタッフ、株主に対して、ジェッツというチームが何を提供できるか、どのようにつながりあえるかを明らかにしました。

WORKSIGHT