Android用生活シミュレーションアプリ「一択彼女 加藤恵」の無料体験版(β版)が11月11日(金)より配信される ※画面は開発中のものです/(C)2017丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA富士見書房/冴えない♭な製作委員会

写真拡大

ソニー・ミュージックコミュニケーションズは、朝専用の音声対話型エージェントアプリシリーズ「めざましマネージャー」を土台としたAndroid用生活シミュレーションアプリ「一択彼女 加藤恵」(「一択彼女」の読みは「メインヒロイン」)の無料体験版(β版)を、11月11日(金)より配信することを発表した(後日、有料の正式版アプリを配信予定)。

【写真を見る】「寝姿モデル」により、まるで加藤恵と共に夜を過ごす感覚を実現 ※寝姿の部分抜粋。実際のモデルは全身となります/(C)2017丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA富士見書房/冴えない♭な製作委員会

■アプリのテーマは「加藤恵と共に生活する」

「加藤恵」は、ライトノベル「冴えない彼女の育てかた」(富士見ファンタジア文庫/KADOKAWA。「彼女」の読みは「ヒロイン」)のメインヒロイン。昨年アニメ版がフジテレビ系“ノイタミナ”枠で放送され、来年4月より同枠にて続編「冴えない彼女の育てかた♭」の放送も決まっている。

今年3月に開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan2016」に、加藤恵を研究した結果を発表するというブース「加藤恵 Project」をソニーが実験出展し、大きな話題に。それをきっかけに、本アプリの開発がスタート。加藤恵のキャラクターを徹底に追求・再現し、「加藤恵と共に生活する」をテーマに、従来の「めざましマネージャー」の機能を大幅に強化したゲームライクな生活シミュレーションアプリとしてリリースする。

■類のないグラフィックで加藤恵を表現

声優・安野希世乃の約600センテンスに及ぶ録り下ろし音声と、東芝による日本最高レベルの合成音声、そして原作・丸戸史明監修のシナリオの下、ソニーの対話エンジンに統合し、加藤恵のトークを実現。画面越しに、加藤恵との会話が体感できる。

「一択彼女 加藤恵」は、従来の「めざましマネージャー」の音声対話や情報の読み上げなどの機能に加え、緩やかに変化する「機嫌バロメーター」、加藤恵と相談しながら「二人だけのゲームシナリオ」を創作していくマンスリーイベント機能などを新たに搭載。ゲームとしても、加藤恵との生活を楽しむことができる。

そして、原画・深崎暮人の高精細原画を元に、4K表示にも対応する高解像Live2Dモデルを製作。また、Live2Dモデルとしては初となる「寝姿モデル」により、まるで加藤恵と共に夜を過ごす感覚が現実のものに。スマートフォンアプリとしては類のないグラフィックモーションで、加藤恵の存在感を味わえる。

■「一択彼女 加藤恵」がイベントで展示

10月22日(土)に東京・ベルサール秋葉原で開催される「ファンタジア文庫大感謝祭2016」にて、先行特別デモ展示を実施。会場では、条件を満たさないと見ることができない「寝姿」モードを、75インチの4K BRAVIAを使って、ほぼ等身大にて限定展示。その他、会場限定の対話など、アプリ配信に先立って、「一択彼女 加藤恵」を大迫力で楽しめる。

さらに、10月22日(土)・23日(日)に東京・中野で開催される「中野文化祭」でも体験展示が行われる(22日は縮小展示、23日に本展示)。中野文化祭では、ビジョンカーの大画面に限定PR映像を映し出す。