『死霊のはらわた リターンズ』『オーメン』『アウトキャスト』『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』(左上より)

写真拡大

ハロウィンを目前に控え、世の中がダークな世界へと想いを馳せる昨今、20世紀FOXホームエンターテイメントによる「ホラー祭り」が開催されることになった。これは、阿鼻叫喚のホラーシリーズ4本を12月から翌月にかけて立て続けにリリースし、日本の年末年始をホラー一色にしようとする試みだ。

ホラー4作品のトップバッターを飾るのは、カルト的人気を誇る映画『死霊のはらわた』シリーズの30年後を描いたドラマ版『死霊のはらわた リターンズ』。オリジナルと同じく、サム・ライミ×ブルース・キャンベルの最強タッグが手掛け、すっかり中年になった我らがヒーロー、アッシュが再びゾンビ(死霊)どもと壮絶なバトルを繰り広げる!

続いて登場するのは、日本人の3人に1人が観た伝説のホラー『オーメン』のその後の世界を描いた同名ドラマシリーズ。覚醒した悪魔の子ダミアンと人類の存亡を賭けた壮大な戦いが、映画の魅力はそのままに、現代的でよりスリリングに復活した!

古典的名作とも言える2作品で2016年を締めくくった後、2017年にリリースされる撃つのは、1月6日(金)リリースの『アウトキャスト』。『ウォーキング・デッド』の原作者ロバート・カークマンが、2年の構想を経て輩出し、「ウォーキング・デッド」以上の売上を記録した原作コミックスを自ら企画・脚本・製作総指揮を担当したTVシリーズだ。

そして「ホラー祭り」の大トリを飾るのは、大人気シリーズ第5弾『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』。あのレディー・ガガが演技初心者とは思えない大胆な演技でゴールデン・グローブ賞のTVドラマ部門女優賞を初受賞した話題作だ。過去のシーズン同様、製作総指揮は『Glee/グリー』などでもおなじみのライアン・マーフィー。ガガ以外にも、マット・ボマー(『ホワイトカラー』)ほか豪華な顔ぶれが登場している。

最"恐"の布陣で挑む「ホラー祭り」が日本の冬を賑わすことになりそうだ。

■「ホラー祭り」商品情報
『死霊のはらわた リターンズ』...2016年12月2日(金)リリース
『オーメン』...2016年12月21日(水)リリース
『アウトキャスト』...2017年1月6日(金)リリース
『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』...2017年1月20日(金)リリース
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

(海外ドラマNAVI)