「模倣犯」の9年後を描く

写真拡大

 仲間由紀恵を主演に迎え、WOWOWが宮部みゆき氏のベストセラー小説をドラマ化する「楽園」の全キャストが発表され、あわせてポスタービジュアルがお披露目された。 黒木瞳、夏帆、金子ノブアキ、松田美由紀、石坂浩二、小林薫らが共演する。

 傑作サスペンス小説「模倣犯」の9年後を描く「楽園」を、WOWOWが初めて連続ドラマ化。仲間がWOWOWドラマに初出演し、「模倣犯」で深い痛手を負った前畑滋子が、新たな難事件の真相へ迫っていく様子を映し出す。脚本はNHK連続テレビ小説「まれ」の篠崎絵里子が執筆し、監督は「連続ドラマW 震える牛」などの権野元が務める。

 当時15歳の長女を殺害し、遺体を床下に16年間隠していた土井崎夫妻がニュースを騒がせていたある日、滋子のもとに主婦・萩谷敏子が訪ねてくる。敏子は10歳の息子・等に「他人の記憶が見える特殊能力」があるかもしれないと話し、等が描いたという土井崎夫妻の事件に酷似する絵を差し出す。そのころ、土井崎夫妻の次女・誠子は「両親が誠子と縁を切ろうとしている」と聞かされ戸惑い、ある街では女子高校生監禁事件が発生。無関係だと思われていた点と点が、次第に線を結び始める。

 そのなかで小林は、土井崎夫妻の夫・元を演じる。影のある役どころのため、現場では「静かにしていようとは思っていました」というが、「仲間さんはプライベートで親交があったり、黒木さんとは以前夫婦役で共演したり、それぞれニュアンスは違いますが『久しぶり』っていうメンバーがそろっていたので、もう少し色んな話ができても良かったかな」と明かした。

 さらに弁護士・高橋治美役の黒木は、「ドラマは、原作とは多少異なる部分もありますが、宮部先生の大事になさっている世界観が感じられる作品になっているかと思います」とコメントを寄せる。誠子役の夏帆は「経験したことのない場面の連続で、彼女の気持ちを追いかけていくのがとても大変でした」と吐露しながらも、「疑問に思ったことや誠子の気持ちを監督に相談すると、すぐに明確な答えを返してくださったので、混乱することなく撮影に挑むことができました」と話している。

 そのほか西田尚美、忍成修吾、前野朋哉、伊藤沙莉らが出演。「連続ドラマW 楽園」は、2017年1月に放送開始。