『Mary Poppins Returns』に出演するコリン・ファース (c)Imagecollect.

写真拡大

俳優のコリン・ファースが、ミュージカル映画『Mary Poppins Returns』(2018年12月25日日本公開)に出演することが分かった。

ディズニーは1964年にミュージカル映画『メリー・ポピンズ』を公開。現在その続編を描いた『Mary Poppins Returns』の製作が進められている。そして、コリンが「Fidelity Fiduciary Bank」という銀行の代表ウィリアム・ウェザラル・ウィルキンズを演じると芸能情報誌「Variety」は伝えた。

前作から20年が経った世界恐慌のロンドンが舞台で、エミリー・ブラントが主役のメリー・ポピンズ、ベン・ウィショーがマイケル・バンクス、エミリー・モーティマーがジェーン・バンクス、メリル・ストリープがメリーのいとこのトプシーを演じる予定。また、ディズニー映画『イントゥ・ザ・ウッズ』(14)を手がけたロブ・マーシャルが監督を務める。

豪華キャストが揃う『Mary Poppins Returns』。前作のファンは待ち遠しいだろう。【馬場 かんな】