岩田剛典と不倫、イケメンの息子…「砂の塔」の楽しみは主婦バトルだけじゃない

写真拡大

【芸能ライター・スナイパー小林のドラマ評〜2016秋ドラマ 金曜編】

 2016年秋ドラマが始まった。週末の金曜はやマウンティング主婦たちの見栄が渦巻くサスペンス。菅野美穂、天海祐希、新垣結衣、吉田羊、米倉涼子……と豪華な女優陣を揃えて勝負を賭けた各局の本気がうかがえる秋ドラマ。そんなラインナップをドラマ好きライターが(やや)辛口で総評。

◆「名前をなくした女神」と似てる? 面白ければ、いいじゃない

●砂の塔〜知りすぎた隣人
TBS/毎週金曜22:00〜
出演:菅野美穂、松嶋菜々子、岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)

 高野亜紀(菅野美穂)は夫と、高校生の息子と幼稚園の娘の4人家族。35年ローンを組んで購入したタワーマンションに引っ越してきたのだが、そこには住んでいる階数による主婦同士のマウンティングや、周辺で起きる幼児殺害事件などさまざまなトラブルが待ち構える。

 放送前から「名前をなくした女神(2011年4月〜フジテレビ)」と主婦同士のマウンティングという内容が酷似しているのでは? と話題に上がったこのドラマ。見終えると、「それも一理」と思いつつ、私には「美しい隣人(2011年1月〜関西テレビ、フジテレビ)」の仲間由紀恵と松嶋菜々子がリンクした。

 とはいえ、その点をディスりたいのではなく、むしろ人気ドラマの要素が何かと詰まっているぶん面白いと評したい。他にも亜紀の夫(田中直樹)のパワハラや何かを秘めた息子、体操教室の先生(岩田剛典)との不倫など、細かな見どころが散りばめられているのでワクワクする。

 主婦グループのボス役には今回、横山めぐみが堂々と鎮座しているのだが、振り切った嫌味っぶりとラスボス感が最高だ。

「そういうあなた(亜紀)はガンジーかマザーテレサ並みの人間性をお持ちみたいね!」

 と、昼ドラ顔負けのセリフを言い放てるのはこの人しかないかも。

 個人的に亜紀の息子・高野和樹役(佐野勇斗)と、子役が演じる妹との年齢差のある兄妹の様子がうらやましく、癒される。しかも和樹が母親にはやたら優しい。現在放送中の「運命に、似た恋(放送中、NHK)」の原田知世の息子(西山潤)も母親には優しい。この二役を見ていたら、どうしても息子が産みたくなりました。しかし佐野勇斗くんイイ男だなーと見ていたら、所属事務所は天下のスターダストプロモーション様。さすがです。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k