写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleが2016年の「Material Design Awards」を発表した。今年で2回目の同賞は、Androidのデザインガイドラインであるマテリアルデザインを巧みに取り入れているAndroidアプリを5つ選出している。

○Asana: Team Tasks & Projects

タスク、To-Do、リマインダーを作成、またプロジェクトを作成してタスクを管理、通知機能などを通じてチームのコラボレーションを促進できるアプリ。ユーザーが頻繁に利用するフローティングアクションボタンにわずかなグラデーションを加えることでAsanaのロゴデザインと共通感を持たせるなど、マテリアルデザインにブランドを上手く融合させている。

○Fabulous - Motivate Me!

健康的な食事、十分な睡眠、ダイエットなど、設定した目標に対して科学的なコーチングを提供するアプリ。様々な目標に合わせたイラスト、アニメーション、音声が、目標達成に取り組む気分を盛り上げる。マテリアルデザインに組み込まれたカラフルで大胆なデザインは使って楽しく、努力の苦労をやわらげる。

○C Channel

メイク、ヘアアレンジ、レシピ、ネイルなど女子向けの動画ファッションアプリ。豊富なコンテンツはユーザーに歓迎されるが、目的のコンテンツを見つけにくくなってしまうのが難点。C Channelはスワイプで簡単に切り替えられるタブでコンテンツを整理し、縦のスクロールと合わせて、ユーザーがシンプルかつシームレスにコンテンツをブラウズできるようにしている。

○Kitchen Stories

写真や動画を用いた豊富なレシピ、ハウツー動画など。マルチメディアで分かりやすく料理の情報やテクニックを得られるアプリ。レシピアプリはスマートフォンからタブレットまで様々なデバイスで使われる。Kitchen Storiesは、どのようなサイズのスクリーンでも見やすいようにレイアウトが工夫されており、料理中のようなタッチ操作しにくい時でも少ない操作でコンテンツを確認できるデザインになっている。

○Airbnb

宿泊場所の提供者(ホスト)と宿泊場所を探している人を結びつけるサービス。そのデザインをGoogleは「Googleの10箇条の1つである”高速は低速に勝る”、Airbnbはまさにそれを実践している」と表現している。プロセスや内容を容易に理解でき、少ないステップで操作できる考え抜かれたデザインで、サインインからブラウジング、予約まで効率的に完了できる。快適な利用体験を実現している。

(Yoichi Yamashita)