Faraday Future、初の量産型EVをCES 2017で公開へ。自称「業界をリードする航続距離のプレミアムEV」

写真拡大

 
新興EVメーカーのFaraday Futureが、来年1月に開催のCES 2017で量産型EVを公開すると発表しました。Faraday Future初となる量産モデルは、プレミアムなEVになるとされるものの、いまだ詳細は不明です。現在開発中のEVについてわかっていることといえば「LG製の高性能バッテリーを搭載し、業界をリードする航続距離を誇るものになるだろう」ということぐらい。ただ、車の開発は進んでいるようで、今年後半から公道での走行試験を開始するとしています。

外観的には"horistic design"になるとされており、少なくともFaraday FutureがCES 2016で公開したコンセプトカー「FFZERO1」のような Vision Gran Turismo 的未来カーではなく、実用面もしっかり考慮したバランスの取れたデザインになると考えられます。
  
またFaraday FutureはフォーミュラE の第3シーズンに ドラゴンレーシング・フォーミュラEチーム との提携という形で参戦を開始し、「走る実験室」を手に入れました。そこで得た技術や知見をようやく影の見えてきた市販モデルに投入し、その開発が加速されるのに期待したいところです。

ちなみにEV市場を牽引するテスラは10月19日、今後生産する全モデルに完全自動運転も可能な装備を標準搭載すると発表しています。