コレステロールが高い=生活習慣病になりやすい。コレステロールは体に悪い。みなさんこんなイメージを持っていませんか? でも健康診断ではLDLコレステロール値とHDLコレステロール値の2種類もあるし、本当はよく分からない…。漠然と「体に悪いもの」という印象を持って怯えていませんか?しかし単なる悪者とはいえないコレステロール。実は生きていくために不可欠な物質なのです。今回はその基礎知識をまとめてみました。

そもそもコレステロールとはどんな成分なの?

コレステロールとは脂質で身体の中の細胞を作ったり、ホルモンの原料となるもの。肝臓で作られる物質で、私たちが生きていう上で必要不可欠なものです。体内でも作られていますが、必要な量には満たないため食事からも摂取しています。摂取したコレステロールと体内で生成されたコレステロールが絶妙なバランスを保って健康な体を維持しているのです。摂取するコレステロールが過剰になり、体内のバランスが崩れてしまうと血液中のコレステロールが高くなり「コレステロールが高い」状態になります。

コレステロールにも善玉と悪玉がある!

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があり、善玉コレステロールは体内の各細胞から余分なコレステロールを回収し、悪玉コレステロールは体内の必要箇所にコレステロールを運ぶという仕事をしています。善玉と悪玉というと善玉だけあれば良い気がしますがそうではありません。この両方のコレステロールがバランスを保っていることで体内のコレステロールが潤滑に回っているのです。ただし悪玉であるLDLコレステロールが増えて酸化すると動脈硬化が進む原因になってしまいます。

少ないだけではダメ! 血中の比率が大事!

体内のコレステロールは特に脳や脊髄などの神経系や筋肉に多く含まれています。細胞の栄養にもなっているため、極端にコレステロールが少ないと細胞はもろくなり、ホルモンバランスも崩れ、血管も弱くなってしまいます。1日に必要なコレステロールは1000〜2000mg。このうち食べ物から摂取する必要があるのは300〜500mgといわれています。ですからまったく摂らないというわけにはいかないのです。LDL値÷HDL値が2.0以下が基準値でそれ以上は動脈硬化を起こしやすくなるそうです。

悪玉コレステロールを増やさないためには、冷えると固まる脂質(バター、マーガリン、ラード、ショートニング)の摂取を控えめにし、大豆製品を摂ること。コレステロールを処理する肝臓を強くするためのタウリンを含む食品もおススメです。


writer:しゃけごはん