玉露、さわやかな煎茶、さっぱりしたほうじ茶のセット「冷茶飲み比べセット(最中付き)」(1080円)

写真拡大

150余年続く宇治茶の老舗、辻利が、創業の地である宇治で、旗艦店として「辻利 宇治本店」を9月28日にオープンさせた。

【写真を見る】香りや色にまでこだわった辻利の抹茶を贅沢に使用した「抹茶ミルク」(540円)と、「アイス宇治金時最中(ほうじ茶付き)」(432円)

明治時代の古民家をリノベートした店内では、老舗ならではの上質なお茶の販売を行う他、庭を眺められるテラス席もある茶房を併設。“こだわりのお茶づくし”をテーマに、抹茶をはじめ、ここでしか味わえないさまざまなお茶を提供しているが、なかでも玉露と煎茶、ほうじ茶を飲み比べられる本店限定メニューは、それぞれの味わいや色、香りの違いを一度に楽しめるのでぜひ飲んでみて!

また、販売スペースでは専門店ならではの幅広い品ぞろえを展開。季節ごとに厳選される旬の宇治茶が約50種そろい、そのほとんどが本店でしか買えない限定品。“座売り”と呼ばれる、昔ながらの対面販売を行うカウンターでは試飲して茶葉を選べるので、好みのお茶が見付かるはず。

■ 異なる味や香りを一度に!ここでしか飲めない宇治茶のセット

「冷茶飲み比べセット(最中付き)」(1080円)は、玉露、さわやかな煎茶、さっぱりしたほうじ茶のセット。まずは旨味がしっかりある玉露から飲み、その旨味をしっかり味わってみて!

■ 濃厚な抹茶アイスの最中と一緒に抹茶を贅沢に使った抹茶ミルクを!

「アイス宇治金時最中(ほうじ茶付き)」(432円)と、香りや色にまでこだわった辻利の抹茶を贅沢に使用した「抹茶ミルク」(540円)。

■ 上質な抹茶本来の甘味とふくよかな香りを堪能

抹茶本来のまろやかな甘味と香りを楽しめる、「お薄 京(最中付き)」(1080円)。プラス432円で最中を季節の主菓子に変更可能。

■ 美しい庭を眺められる風情漂うテラスでのんびり

辻家の庭にあった石などを配置した庭を見渡せるテラス。涼しい風を感じながら極上のお茶を味わおう!

店内のテーブル席からも、ガラス越しに庭の緑を眺められる。

【関西ウォーカー編集部】