<投票前最後のテレビ討論は、大統領選に疑義を呈したトランプに批判が集中。一方で対イラク、シリア政策に関してこれまでより一歩踏み込んだヒラリーの発言が注目される>(写真:最後のテレビ討論はこれまでと比較すれば政策論争の体を成していた)

 現地時間19日夜、ネバダ州で第3回の大統領選テレビ討論が行われた。今回が最終回で、全米の有権者はここまで3回の討論を参考にして投票行動を決定する。先月26日の第1回討論でヒラリー・クリントン候補が優勢となった後、一連の「女性蔑視発言」スキャンダルが露見したドナルド・トランプ候補は終始劣勢と言われていた。

 今月9日の第2回討論でもその傾向は変わらなかったばかりか、その後トランプのスキャンダルは「発言問題」から「不適切な行為」へと疑惑がエスカレートしていた。そこで、ケーブルニュース各局は「トランプにとっては、この3回目が挽回のラストチャンス」と言って、討論の中継を盛り上げていた。

 この第3回の討論、司会したFOXニュースのクリス・ワレスはなかなか上手い進行を見せた。全体を6つのパートに分けて、両候補にはそれぞれの部分でテーマに沿った発言をするよう誘導し、話が脱線すると厳しく注意することもあった。

 結果として、第1回、第2回と比較すると、政策論争として一応の体を成したということは言える。要点をまとめると、以下のようになる。

【参考記事】非難合戦となった大統領選、共和党キーマンのペンスの役割とは

 まず一番話題になっているのは、選挙結果を素直に受け入れるのかという点だ。実は、先週以来トランプは「この選挙は歪められている」と主張して、場合によっては選挙結果に対する異議申し立てをすることも示唆していた。これには、副大統領候補のマイク・ペンス(インディアナ州知事)や、トランプの長女イヴァンカが明快に否定しており、陣営の足並みは揃っていない。

 そんな中、「選挙結果を受け入れて相手を祝福し、新政権への協力を誓うのがアメリカの伝統だが、どうか?」というワレスの質問に対して、トランプは「さあ、お楽しみに」("I will keep you in suspense.")と「ふてぶてしく」宣言した。これはアメリカの選挙制度、民主主義を信じないという意味にも取れるわけで、直後からメディアはこの発言への批判一色となっている。

 保守色が強く、今回の討論全体としては「トランプが押していた」という評価をするような評論家(例えばFOXのブレット・ヒューム)なども、この発言に関しては「重要であり、極めて問題」だとしているし、CNNなどはこの点への批判一色という感じで直後の「討論分析」を進めている。

 おそらく、翌日以降のメディアもこの点への批判を継続することになるだろうし、そうなればトランプの支持率は回復しないばかりか、中道票の獲得は困難になるだろう。

冷泉彰彦(在米ジャーナリスト)