1

人間に最も近縁な生き物のひとつである「チンパンジー」が、人間のようにタバコをプカプカ吹かす様子が動画として撮影され公開されています。

Chimpanzee seen smoking at North Korea's reopened zoo | World news | The Guardian

https://www.theguardian.com/world/2016/oct/19/chimpanzee-seen-smoking-north-korea-reopened-zoo-pyongyang

北朝鮮の動物園で、なんとタバコを吸う1匹のチンパンジーが来場者の人気を集めています。そんな世にも珍しいチンパンジーがいるのは北朝鮮・平壌にある中央動物園で、同施設は過去に動物を虐待しているとして非難されたこともある動物園です。

中央動物園によると、タバコを吸っているのは19歳のメスのチンパンジー「ダリー(韓国語でツツジの意味)」で、1日にタバコを1箱吸うとのこと。ダリーは自分でタバコに火をつけるためにライターを巧みに操ることもできるそうですが、中央動物園の飼育員は「ダリーはタバコを吹かしているだけであり、煙を吸引してはいない」と強調しています。

実際にツツジがタバコをくわえてライターで火をつけ、煙を吹かす瞬間は以下のムービーで見ることができます。

Chimp smokes cigarette in North Korean zoo - video | World news | The Guardian

火のついたタバコから新しいタバコに火をつけるダリー。



火がしっかりとつくまで片手で風をガードしているように見えます。



火がついたらプカプカと煙を吹かします。





中央動物園では、サルにバスケットボールでダンクシュートをさせたり、屋内のステージでスケートしている女性にハトをとまらせたりと、他の動物にも風変わりな芸当を覚えさせているそうで、ダリーがタバコを吹かすのも飼育員による強要では、と動物愛護団体などから非難の声が挙がっているそうです。