写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニ・チャームは10月20日、全社員対象で「在宅勤務制度」「インターバル勤務制度」を導入することを発表した。

「在宅勤務制度」は、2016年10月からグローバルマーケティング本部で先行導入し、2017年1月に全社導入予定(工場などの製造現場は除く)。勤務場所を自宅、図書館等各自が決定し、最大月4回、1日単位で利用できる。利用する場合は、当社独自の管理ツール週報(SAPS週報)を活用し事前に上司とアウトプットを合意する。始業時と終業時は上司に連絡し、翌日成果を報告する。

「インターバル勤務制度」は、2017年1月導入予定。22時以降の勤務を原則禁止し、勤務終了から翌日の勤務開始まで8時間以上の休息を義務化、10時間以上の休息を推奨することで、疲労蓄積防止による健康維持と生産性向上(ダラダラ残業撲滅)を図る。

同社では10月、働き方改革の一環として「働き方改革推進室」を新設。2017年は生産性向上、女性活躍をテーマとし、働き方改革を推進していくという。