アメリカの2014年年間興行収入3位になった映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2」のティーザー予告編が公開されました。前作はポップながらもぶっ飛んだキャラクターたちが暴れまくったり、1970年代にヒットした名曲を使用したりなどさまざまな要素が絡み合い大ヒットになったわけですが、続編の予告編を見る限り前作の良かった点は引き継がれているようです。

Guardians of the Galaxy Vol. 2 Sneak Peek - YouTube

予告編冒頭から「ウガチャカ」というおなじみの歌声が聞こえてきました。これは前作でも使用されたブルー・スウェードの「ウガ・チャカ(Hooked on a Feeling)」という曲です。前作の劇中ではセリフにも出てくるくらい重要な使われ方をしたので、覚えているという人も多いはず。



「緊急用宇宙服」と書かれている下に、「もしくはお祭り用」と書かれています。



出演者がチラッ……



チラッと1カットずつ映し出されました。



ゾーイ・ソルダナ演じるガモーラが登場。



走り出すガモーラ。



この後ろ姿は……



ブラッドリー・クーパーが声を演じる賞金稼ぎのアライグマのロケットと、マイケル・ルーカーが演じる青い肌の盗賊のヨンドゥです。たくさんの人が2人の周囲で浮遊しているのが気になります。



ガモーラの義理の姉妹のネビュラも前作から引き続き登場。演じるのはカレン・ギランです。



クリス・プラットが演じる主人公のピーター・クイル。クイルが銃のような武器を耳に当てると……



マスクが自動で生成され顔を包んでいきます。



マスクを装備すると……



シタッと飛び去っていきました。



クイルが宇宙船を操縦。



今作もアクションだけではなく、迫力満点の宇宙船バトルを見られる模様。



パンクな敵キャラがアップになったところで、ウガ・チャカがサビに突入し盛り上がる展開です。



おなじみの3人が登場。



一番後ろを歩いているのは元WWE人気プロレスラーのデヴィッド・バウティスタが演じるドラックス。



「この世には2つのタイプの人間がいる。1つはダンスをする人間……



もう1つはダンスをしない人間だ」



「わかってるよ。僕はダンサーだけど、ガモーラはそうじゃない」と嘆くクイル。



「あんたは哀れな女性を見つけるべきだよ。君のようにね」と慰めになっていない言葉で慰めるおちゃめなドラックスです。



「ありがとう、ドラックス」



「ハグいるかい?」



「いや、いいよ。大丈夫だよ」



そんなこと言うなよと言わんばかりにハグをするドラックスでした。



予告編の最後にはロケットが画面に向かって銃を撃ち放ちました。



ロケットの背後からグルートがこんにちは。続編に登場するグルートは、前作で残された一部から生まれた新しいグルートです。



なお、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2」は2017年5月27日に日本で公開予定です。