写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サムライズは10月19日、BIツール「オープンテキスト・ビジネス・インテリジェンス(OTBI)」のWindows 10対応版をリリースしたと発表した。

マウス主体の操作で、定型/非定型のビジネスデータを、検索・集計・レポート表示できる。また、SQL関数、複合問い合わせ、副問い合わせ、SQLの作成など、高度で複雑な検索や集計を行うことも可能。

導入には、高額なデータウェアハウスやデータマートの構築や、専用のBIサーバを用意する必要がない。PCにOTBIをインストールし、集計対象となるデータベースへの接続設定を行うだけで、利用できる。既にデータウェアハウスを構築している場合でも、元となるデータベースと接続し、集計対象として活用可能。

提供価格(税抜)は、オープンテキスト・ビジネスインテリジェンス Admin(管理者用)が29万9000円。オープンテキスト・ビジネスインテリジェンス Update(利用者用)は11万円から。

(Aries)