写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドで11月21日より、来年1月11日をもって約34年間の歴史に幕を閉じるアトラクション「グランドサーキット・レースウェイ」のキャンペーンを実施することが20日、明らかになった。

開園当初から親しまれてきたトゥモローランドエリアの「グランドサーキット・レースウェイ」は、色とりどりのレーシングカーをゲスト自身が運転し、曲がりくねったコースを楽しめるアトラクション。延べ乗車人数は約1億4,000万人(2016年9月30日時点)にものぼる。

このたび、多くのゲストに愛されてきたことに感謝を込めて、11月21日〜2017年1月11日の期間、「グランドサーキット・レースウェイ ファイナルラップ・キャンペーン」を開催することが決定。キャンペーン期間中にアトラクションを体験されたゲストには、スペシャルデザインの乗車証明書を配布する。乗車証明書のデザインは2種類あり、第1弾のデザインは11月21日〜12月16日、第2弾は12月17日〜2017年1月11日となっている。

また、パークオープン当初に使用されていた「グランドサーキット・レースウェイ」のポスターをモチーフにしたポストカードなど、5種類のスペシャルグッズも販売。ポスターをモチーフにしたグッズには、今では使われていない開園当初の「東京ディズニーランド」のロゴマークが使われている。さらに、デジタル・フォトエキスプレスやディズニースナップフォトで利用できるスペシャルデザインのフォトフレームも用意する。

(C)Disney