写真提供:マイナビニュース

写真拡大

MIKAWAYA21、エンルート、NTTドコモは10月19日、携帯電話ネットワークを利用するドローン(セルラードローン)を活用した「社会的課題解決を見据えた買い物代行サービス」の実証実験を福岡市内の離島で2016年11月から行うことに合意したと発表した。

同サービスは離島におけるシニア、子育て世帯に対し、電話で依頼を受けた商品を自宅まで配達するサービスでセルラードローンを活用するもの。

実証実験は、福岡市内にある「能古島(のこのしま)」と九州本島間の約2.5kmの飛行航路、能古島島内で実施される。なお、注文者の自宅近辺でドローンの飛行、商品配達(ワイヤーを使用して商品を下ろす)に適した広いスペースが確保できない場合はトラックを使用する。

同実証実験では、携帯電話ネットワークを利用したセルラードローンの長距離目視外運航における同サービスの実現性、上空のドローン周辺の通信品質や地上の携帯電話ネットワークへの影響などを検証する。