第15回東京フィルメックスでのキム・ギドク監督

写真拡大

 「第17回東京フィルメックス」の来日ゲストが発表された。オープニング作品「THE NET 網に囚われた男」のキム・ギドク監督、特別招待作品「ザーヤンデルードの夜」のモフセン・マフマルバフ監督らが来日し、上映後にトークを行う。

 そのほか、アミール・ナデリ監督、リティ・パニュ監督ら10数人の監督、俳優陣が来日予定だ。今年は、コンペティション10本、特別招待作品(クラシック含む)10本を選出。コンペから最優秀作品賞、審査員特別賞、学生審査員賞が選ばれるほか、クロージング作品とクラシックを除く作品が対象となる観客賞が決まる。

 「第17回東京フィルメックス」は11月19〜27日、東京・有楽町朝日ホールをメイン会場に開催。