西日本旅客鉄道代表取締役社長 来島達夫氏

写真拡大

中国景気の減速懸念や英国のEU離脱決定、為替の急激な変動など、厳しい経営環境が続く。新しくトップに就任した男たちは、この逆境にどう立ち向かうのか。

■成長持続のカギは「駅ソト開発」

就任会見では「原点は11年前の事故」と語った。歴代トップを輩出してきた人事部門が長いが、2005年の福知山線列車事故の際には広報室長を務め、その後は被害者対応の責任者も歴任。穏やかな語り口に込められた「信念」とは。

――どんな経営課題に取り組むか。

【来島】民営化から30年。紆余曲折はあったが、昨年最高益を出し、経営的には一つの実績をあげられたと思う。これから常に右肩上がりとはいかないだろうが、持続的な成長を続け、次の世代に引き継ぎたい。そのために安全最優先の企業風土をつくり、社員のモラルや力量を底上げしたい。我々は事故を引き起こした加害企業だ。その覚悟で取り組む。

――「持続的」とは、国鉄時代の放漫経営への反省という意味か。

【来島】それは間違いなくある。国鉄時代は、毎年赤字が増え続け、先行きへの不安があった。その一方、仕事は惰性的になっていた。職場の規律を維持するためには、常に新しい目標を掲げ、達成を目指すことが必要だ。現状維持が目標になれば、来た道を戻ることになってしまう。

――福知山線列車事故には被害者対応の責任者として向き合った。

【来島】何の罪もない方々のお命を奪い、お怪我を負わせ、ご家族の人生や夢を壊してしまった。私自身、すべてのご被害者の皆様にはお目にかかれていない。お一人ずつ気持ちが異なるなかで、鉄道会社として進めていく施策や意思決定もある。すべての方にご納得いただけることばかりではなく、私自身も常に迷いながら対応をさせていただいてきた。その姿勢は今後も変わらない。

――人事畑が長い。事故以前は「日勤教育」など、個人への責任追及が厳しかった。反省はあるか。

【来島】かつてはリスク情報の共有が不十分で、ミスを再発防止につなげきれなかった。今年度からは事故に至ったミスも、悪質性がなければ懲戒処分の対象から外すようにした。ヒューマンエラー(人的ミス)は必ず起きるというのが前提だ。報告文化を根付かせることで、大きな事故に繋がるリスクを事前に把握し、対策を打ちたい。

――鉄道事業は、人口減少に伴い、伸び悩みが予想される。

【来島】前期は鉄道と非鉄道が64対36という比率だった。これを2022年までに60対40にしたい。鉄道も新幹線はまだ伸ばせる。そのうえで流通や不動産といった非鉄道のボリュームを増やしたい。

――「地域の活性化なくしてグループの発展はない」を持論にしている。

【来島】そうだ。2014年にセブン−イレブン・ジャパンと業務提携し、駅構内にある約500のコンビニやキヨスクのセブンへの転換を進めている。魅力的なテナントを展開することで、地域の活性化に貢献したい。

――ホテル事業ではインバウンド消費の取り込みが期待される。

【来島】ビジネスタイプの「ヴィアイン」は増設中だ。エリア内の用地には限りがあり、ノウハウを有する駅周辺立地を中心にエリア外でも展開していきたい。

----------

西日本旅客鉄道代表取締役社長 来島達夫
1954年、山口県生まれ。78年九州大学法学部卒業、日本国有鉄道入社。2002年JR西日本広報室長、06年人事部長、09年総合企画本部長、12年代表取締役副社長、福知山線列車事故ご被害者対応本部長。16年6月より代表取締役社長。

出身高校:山口県立下関西高校
長く在籍した部門:人事部門
座右の書(または最近読んだ本):城山三郎『少しだけ、無理をして生きる』
座右の銘:人間万事塞翁が馬
趣味:山歩き、街歩き

----------

(國貞文隆=構成 篠塚ようこ=撮影)