17日、韓国の朴槿恵大統領はこのほど、自らと政治的立場が異なる俳優や映画監督など1万人近くに対し、芸能界から締め出すべく「ブラックリスト」に載せていることが分かった。

写真拡大

2016年10月17日、韓国日報によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領はこのほど、自らと政治的立場が異なる俳優や映画監督など1万人近くに対し、芸能界から締め出すべく「ブラックリスト」に載せていることが分かった。網易が伝えた。

ブラックリストには、14年に死者295人、行方不明者9人を出した旅客船セウォル号事故について、遺族らを支援する声明を出した俳優のソン・ガンホ、キム・ヘス、ムン・ソリ、映画監督のパク・チャヌクらも含まれているとみられる。対象となった芸能人は政府からの補助金、撮影への協力などがなくなり、業務上大きな損害を被ったとされる。

韓国政府は15年5月、セウォル号事故に対する政府対応を批判した芸能人594人をブラックリストに載せたとされる。リストに載った芸能人は、そろって「遺族の同意のもと、セウォル号事故に対応する特別法を制定すべきだ」と主張していた。

一方、韓国メディアによると、朴大統領は自らと支持政党が異なる芸能人9473人について、14年から16年に「芸能界からの締め出し」を指示したとみられている。(翻訳・編集/大宮)